2006年03月29日

同意書を書く側の準備も必要ではないか?

「アカウンタビリティ」という言葉が、日本のニュースに登場するようになって、もう何年になるのでしょうか?
この間に、「説明責任」という日本語訳も定着しつつあり、さまざまな場で情報公開を進めるべきだという声が上げられるようになりました。
その流れは政府や企業に対してだけでなく、医療現場など国民生活に密着した場にも向けられるようになり、我々もその渦に巻き込まれつつあります。

さて、久しぶりの記事となりましたが、本日のテーマは富山県射水市民病院の延命治療中止問題です。
助かる見込みがないとみなされる患者に対して、大きな苦痛を伴う延命治療を続けるべきか?
延命治療を行うとすれば、それはどのような手続きで行うべきか?

この問題については横浜地裁の判例があり、@患者や家族の同意が明確に得られていたか、A患者の死期などについての医学的判断が独断で行われていなかったかが、合法性の基準とされています。
もちろん、この2つの基準はしっかり守られるべきでしょう。
しかし、これら基準の中身こそが、もっとも重要であることは言うまでもありません。

最近の医療現場では、治療する側とされる側の対話が重要視され始めています。
どのような治療方法を、どのようなタイミングで行うのか、その理由も含めて治療する側には説明を行う義務があるというわけです。
その際には患者の側も積極的に説明を求めて、必要とあれば別の医療機関からの「セカンド・オピニオン」を求める姿勢が必要となります。

今回のような終末期治療についても同様に、患者とその家族との対話、そして医療機関の情報開示がしっかりと行われるべきだという意見が出ています。
しかし、説明や対話を求めるべき我々の側はどうなのでしょうか?
問題となっている外科部長も「信頼関係は形のないもの。同意書にサインしてくれとは申し訳なくて言えない」と述べているように、延命治療中止という問題に向き合う準備ができているのでしょうか?

もちろん、現在のような医療現場まかせの状態は改善されるべきで、適切なガイドラインや対話の仕組みはつくられるべきです。
日々刻々と変わる病状のなかでも、しっかりと粘り強く話し合う場をつくっていくことが求められるでしょう。
しかし、その時点で患者本人の意思表示がはっきりしない場合が問題です。
こういうケースでこそ、家族間の意見の一致が見られないまま、曖昧なままに医者任せの対応が行われてしまうわけです。

あらかじめ、患者本人のリヴィング・ウィルを残すことができるのか、それがなくても家族が冷静に話し合う態勢をつくることができるのか?
そういう我々日本人の死生観に関わることも、同時に考える必要があるのでしょう。
脳死判定の問題もそうですが、単なる法律や仕組みだけでなく、倫理的問題にも踏み込んだ意識の変革が求められているかもしれません。
posted by SNR at 20:17| Comment(0) | TrackBack(11) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

サクラサク:WBCで日本が得たもの

東京の桜の開花に合わせたかのように、WBCで日本代表が初代チャンピオンに輝きました。
僕自身、昨日の決勝戦は7回の表あたりまでしか見ることができず、
移動中に彼女から電話をもらい、日本勝利の結果を教えてもらったのですが、
同じ電車に乗っていた人たちも、次々にメールや電話で連絡が入っていたようで、
「日本が勝ったよ!」という声があちこちで飛び交っていました。

決勝戦の平均視聴率も43.4%にまで達したようです。
サッカー日本代表の試合も盛り上がりますが、野球の代表戦でもこれだけ日本中が盛り上がったことは、大変喜ばしいことですね。

アジアラウンド終了直後に、イチローの変貌ぶりと、日本代表が目指すべきものについて書きました。
日本代表が日本らしい野球をして世界チャンピオンになること、そして日本らしい野球こそが世界標準となり、多くの国の目標となること。
もしかしたら、これがイチローの狙いかもしれない。
こんな提案をしてみましたが、現実はどうだったのでしょうか?

イチロー自身は「正直いって、チャンピンになれるなんてイメージできなかった。…僕の野球人生最高の日です」とインタビューに応じていました。
これはきっとホンネのコメントなのでしょう。
それにしても、日本の野球界が今回の優勝から得たものは何だったのでしょうか?
日本の野球は世界標準となっていくのでしょうか?
なぜ韓国に2回、アメリカに1回負けた日本が優勝なのかという疑問の声もあるでしょう。
しかし、少なくとも決勝戦の9回表、西岡のプッシュバント、イチローのタイムリー、そして川崎のホームへのスライディングに始まった、日本代表の怒涛の攻撃は、まさに日本らしさをしっかりとアピールしたものだったと思います。

間もなくプロ野球のペナントレースが開幕します。
実は、ここからが日本野球の世界標準化を進めて、日本代表の優勝を大きな果実へと変えていく上での正念場だと僕は思っています。

まず何よりも、今回の代表で戦ったメンバーが、日本プロ野球に何を持ち帰るのかという問題があります。
WBCで優勝した経験を生かして、シーズンでも大活躍することこそが、日本中の野球少年に将来の大きな夢を与えることになるからです。

もうひとつは、外国人選手枠の拡大をはかって、今回の大会で活躍したライバルたちを日本のプロ野球へと呼ぶことです。
世界チャンピオンを勝ち取った国のリーグでプレーをして、さらに自分を磨きたいという選手をどんどん受け入れることは、将来の日本代表の発展のためにもなることでしょう。

そして最後に、もっとも重要なのは我々野球ファンが積極的に球場へ足を運ぶことです。なかなかアメリカまで足を運べた人は少ないと思いますが、今回のWBCで活躍した選手たち、しかも各国の代表たちのプレーを目の前で見ること。
これ以上、日本の野球を3年後の大会に向けて盛り上げることはないのでしょうか?

こうした努力を払ってこそ、今回の優勝が真の意味で生かされて、将来、太平洋を越えたワールドシリーズが開催される契機となるのではないでしょうか?
posted by SNR at 18:53| Comment(2) | TrackBack(2) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

納税者はオーナーではないのか?

少し時間が経ってしまいましたが、3月12日に、岩国基地への米空母艦載機部隊移転受け入れをめぐる住民投票が行われました。
住民投票は投票率58・68%で成立。開票結果は反対が投票者数の87・42%に上り、全有資格者数の過半数を超えたようです。

住民の意思は重く受け止められるべきだ。
強制力を伴わないものとはいえ、住民投票が直接民主主義のひとつの手段として認められつつあるなかでは、このような意見が出されるのは当然のことでしょう。

在日米軍基地をめぐる住民投票としては、1997年12月に名護市で行われた「普天間基地返還に伴う海上ヘリポート建設の是非」をめぐるものを思い浮かべる方も多いでしょう。
このときは「反対」が過半数を占めながらも、市長が辺野古沖へのヘリポート受け入れを決めてしまいました。
今回も国のレベルではすでに再編が決まっており、今さら地元のエゴを聞くわけにはいかないという声も上がり始めています。

そもそも安全保障政策とは、いったい何のためにあるのでしょうか?
もちろん、「国民の生命と財産を守るため」にあるわけです。
だからこそ、国民は税金を払い政府に安全を託しているわけです。
今の日本では国民の意識と安全保障政策が大きく乖離してしまってはいないでしょうか?

かつて、明治時代の日本では「国民が軍のオーナーであるという意識」が、もう少しはっきりしていたと、司馬遼太郎は「『旅順』から考える」のなかで述べています。
後に大本営発表を鵜呑みにせざるを得なくなるわけですが、この頃はまだ、納税者が武器を与えているのだから、軍人は義務を果たすべきだという考え方が強かったというのです。
もちろん、言論の自由などの民主主義の度合いで現在と比較するのは無理があるかもしれません。
しかし、現在の安全保障政策について、我々はどれだけこういうオーナー意識を持っているでしょうか?

もちろん、在日米軍基地となった場合には、いろいろと難しい問題が出てきてしまいます。
確かに空母の主任務が日本防衛でないにしても、東アジア地域やグローバルな視点で日本の安全を考えることも大切です。
有資格者の過半数が反対を表明したとはいっても、基地受け入れによるメリットを感じる人も少なからずいます。
基地をある地域から追い出しても、別の地域にたらい回しするだけでは、より良い解決策とはいえないでしょう。

そのほかにも難しい問題はたくさんありますが、それでも「安全保障政策のオーナーは国民である」ということを原点にしなくては、何も解決しないと思います。
そうでなければ、沖縄の海兵隊をグアムに移転する費用をなぜ負担しなければいけないのか、誰も納得することができないのではないでしょうか?
posted by SNR at 14:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 外交・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

試される日銀のコミュニケーション能力?

「異常事態から平時」へ、金融政策のターゲットが「量から金利へ」と移った。
日銀が量的緩和解除を行ったことが大きく取り上げられました。
5年ぶりの金融政策の変更ですから、これも当然なのかもしれません。
そこで語れられていたことといえば、

またもやデフレ・スパイラルに逆戻りするのではないかという懸念。
住宅ローンなどを通じて、家計にどのような影響を与えるのか。
銀行の預金金利は上がるのか?
将来のゼロ金利解除をにらんで、国債利払いにどのような影響を与えるのか。
市場が金利に対する感覚を忘れているのではないかという不安等々。


しかし、もっとも大切なことは、日銀の福井総裁の「今後はわかりやすい政策に戻る、これに尽きます」という発言に表れていたのではないでしょうか?
もちろん、福井総裁が述べたかったのは、量的緩和という説明しづらい政策に終止符を打ち、今後は一般的な政策手段である金利の調整に戻るということなのでしょう。
しかし、本当にそういう普通の読み方だけで良いのでしょうか?

そもそも日銀の金融政策がとるべき役割は、市場と景気動向を的確に読み、ときに強いメッセージを市場に発してコントロールを行うことでしょう。
そこで求められているのは、市場と対話するコミュニケーション能力ではないでしょうか?
このように考えると、これまでの日銀の政策は異常ではあるが、大変にわかりやすいものだったと言えるでしょう。
とにかく、景気回復を優先して市場にお金を回すこと。
これだけが日銀の発するメッセージであり、その最後の手段こそが量的緩和という政策だったわけです。

しかし、これからはどうなるのでしょう?
日銀は当面いまのゼロ金利政策を続けていくと言っていますが、いつかは金利を引き上げるときが来るわけです。
そうなると、日銀が発するメッセージの意味は複雑なものとなってきます。
日銀が政策決定を行う環境も、きわめて複雑なものとなってくるわけです。

バブル経済のときにブレーキを踏むのは難しいということは、すでに経験していることです。
また、バブル崩壊後しばらく地価の下落を支持する声がやまなかったように、さまざまな利害関係者の思惑が交錯するなかで、的確に状況を判断して強いメッセージを発することは難しいものです。
複雑で難しい政策判断を求められた際に、日銀がどのようなコミュニケーション能力を発揮するのか?
生活に直結する住宅ローンや預金金利だけでなく、我々も見守っていく必要があるのではないでしょうか?
日銀が対話すべき市場に、我々も住んでいるのですから…。
posted by SNR at 21:20| Comment(5) | TrackBack(2) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

雄弁・訥弁・詭弁…

民主党の新たな国対委員長に就任したのは、早稲田大学「雄弁会」出身の渡部恒三議員ですが、独特の会津訛りでのおしゃべりは健在のようです。
「なごませ系老人力」などと言われているようですが、自らを「旗本退屈男」と称したり、「国会が終わったら全国漫遊だ」と発言したり、笑いを誘いながら進めていく手法には、ある種の貫禄を感じさせてくれます。

一方で、耐震偽装問題はまた新たな展開です。
今度は札幌を中心に新たな偽装が発覚しました。
「自分の目的に数値が合わないので、信念に基づいて数値を改ざんした。偽装ではない」というのは、浅沼二級建築士の言葉。
しかし、その信念は「自分がもし客の立場であったら買わない」という驚くべきもののようです。
以前、福岡の建築士が「偽装の意図はなかったので、偽装ではない」と言い張ったこともありましたね。
耐震基準という論理そのものが揺らいでいることも問題ですが、「詭弁」もここまでくるとあきれ果ててしまいますね。

ここまで「雄弁」「詭弁」という言葉を使ってきましたが、日本語には「訥弁(とつべん)」という言葉があるのをご存知でしょうか?
「訥弁」とは、「つかえたりして、なめらかでないへたなしゃべり方」という意味ですが、これは日本では必ずしも否定的な意味ではなく、「訥弁だが真心のこもった挨拶」などというように使われることもあります。
まさに渡部恒三議員の話しぶりは、この「訥弁」に当てはまると言えるでしょう。

そもそも明治維新に日本が欧米から輸入したもののうちで、「演説」という概念ほど身につかなかったものはないと言えるかもしれません。
もともと、日本では不特定多数の人間を「雄弁」に説得するという伝統が薄かったと言われています。
「沈黙は金、雄弁は銀」と言われるように、言葉を尽くしても所詮は「詭弁」に過ぎないものとなるか、あるいは「訥弁」で人情に訴えるということが多かったのではないでしょうか。
この結果、欧米的伝統では雄弁な論争を行うべき政治の世界でも、舞台裏の談合でものごとが決まっていくのが常態となってしまったのでしょう。

渡部恒三議員の「訥弁」も良いのですが、やっぱり単なる「情の世界」ではなく、しっかりとした「論理の世界」で政治を見せてほしいですね。
一方で、「耐震基準の論理」が引っ込んで、「詭弁」がまかり通るのも困ってしまいます。
「二大政党制」や「説明責任」という言葉が虚しく踊る背景には、我々日本人のことばに対する接し方があることを考える時期に来ているのでしょうか。
そのためには真の「雄弁」を育てる努力が必要とされているかもしれません。
posted by SNR at 22:29| Comment(4) | TrackBack(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。