2006年05月20日

「日本を代表する」ということ

今週の月曜日に、ワールドカップ・ドイツ大会に臨むサッカー日本代表23人のメンバーが発表されたことは、みなさんもご存知ですね。
巻選手が選ばれたことや、久保選手が落ちたことなどが大きな話題になり、みなさんも選ばれたメンバーを見ていろいろな感想をお持ちになったでしょう。
6月9日の開幕が待ちきれないという方も多いとは思いますが、もちろんこのブログでサッカーの技術論はいたしません(コメントでは勝敗予想なども含めて大歓迎ですが…)。
僕も素人評論しかできませんから、記事本文では敢えて触れないことにしておきます。

では、今日のテーマがいったい何かと言うと、タイトルに掲げたとおりで「『日本を代表する』というのは、いったいどういうことなのだろう?」という話です。
まず、「日本代表」という言葉を聞いて、みなさんはいったい何を連想なさるでしょうか?
僕なんかは、やはり「サッカー日本代表」などを比較的容易に連想しますね。
もちろんサッカーに限らず、野球でもその他のスポーツでも、オリンピックやワールドカップのような国際大会で日本を代表して戦ってくれる選手たちは、「日本を代表する」人たちと考えて自然でしょう。
つまり、スポーツに限らず特定の分野に秀でていて、その分野で日本を代表するということですね。

しかし、「日本を代表する」ということには、もう少し広い意味があると思います。
それは「日本代表チーム」は、日本社会の特色を色濃く反映しているという意味です。
例えば、ワールドカップ代表メンバーが発表された翌日の朝日新聞に、編集委員の星浩さんが、サッカー日本代表と政治を対比した記事を書いていました。
日本代表にとっても、自民党や民主党といった政党にとっても、組織と個人のバランスが課題であるというものでした。
日本代表の試合があると、よく「FWの決定力不足」や「個人の能力を補う組織力」などが話題になりますが、これも日本人や日本社会をチームが代表している証拠なのでしょうね。
試合に負けると特に外国チームと比較した嘆き節が聞かれますが、これも一朝一夕に変えることは難しい問題なのだと思います。

サッカーというスポーツの最大の魅力は、世界の国それぞれに、その国の色をしたサッカーだが存在していることにあるでしょう。
それだけ、サッカーというスポーツには単純だけど普遍性が備わっているということですね。
ブラジルにはブラジルの、イングランドにはイングランドの、イタリアにはイタリアの国民性を反映したサッカーがあり、どの国も国民や社会の特徴をうまく生かして戦っています。
日本がワールドカップに出るのは3回目ですが、まだまだ欧州や南米の国々に比べれば歴史が浅く、これから少しずつサッカーの本質を自分たちのものとして、日本色をつくりあげていく過渡期にあるのでしょう。
前回の大会に比べて、日本がどのような成長を見せているか、勝敗だけにこだわらず見てみたいものですね。
こんなことを考えながら、ワールドカップの本番を迎えてみるのはいかがでしょう?
posted by SNR at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

サクラサク:WBCで日本が得たもの

東京の桜の開花に合わせたかのように、WBCで日本代表が初代チャンピオンに輝きました。
僕自身、昨日の決勝戦は7回の表あたりまでしか見ることができず、
移動中に彼女から電話をもらい、日本勝利の結果を教えてもらったのですが、
同じ電車に乗っていた人たちも、次々にメールや電話で連絡が入っていたようで、
「日本が勝ったよ!」という声があちこちで飛び交っていました。

決勝戦の平均視聴率も43.4%にまで達したようです。
サッカー日本代表の試合も盛り上がりますが、野球の代表戦でもこれだけ日本中が盛り上がったことは、大変喜ばしいことですね。

アジアラウンド終了直後に、イチローの変貌ぶりと、日本代表が目指すべきものについて書きました。
日本代表が日本らしい野球をして世界チャンピオンになること、そして日本らしい野球こそが世界標準となり、多くの国の目標となること。
もしかしたら、これがイチローの狙いかもしれない。
こんな提案をしてみましたが、現実はどうだったのでしょうか?

イチロー自身は「正直いって、チャンピンになれるなんてイメージできなかった。…僕の野球人生最高の日です」とインタビューに応じていました。
これはきっとホンネのコメントなのでしょう。
それにしても、日本の野球界が今回の優勝から得たものは何だったのでしょうか?
日本の野球は世界標準となっていくのでしょうか?
なぜ韓国に2回、アメリカに1回負けた日本が優勝なのかという疑問の声もあるでしょう。
しかし、少なくとも決勝戦の9回表、西岡のプッシュバント、イチローのタイムリー、そして川崎のホームへのスライディングに始まった、日本代表の怒涛の攻撃は、まさに日本らしさをしっかりとアピールしたものだったと思います。

間もなくプロ野球のペナントレースが開幕します。
実は、ここからが日本野球の世界標準化を進めて、日本代表の優勝を大きな果実へと変えていく上での正念場だと僕は思っています。

まず何よりも、今回の代表で戦ったメンバーが、日本プロ野球に何を持ち帰るのかという問題があります。
WBCで優勝した経験を生かして、シーズンでも大活躍することこそが、日本中の野球少年に将来の大きな夢を与えることになるからです。

もうひとつは、外国人選手枠の拡大をはかって、今回の大会で活躍したライバルたちを日本のプロ野球へと呼ぶことです。
世界チャンピオンを勝ち取った国のリーグでプレーをして、さらに自分を磨きたいという選手をどんどん受け入れることは、将来の日本代表の発展のためにもなることでしょう。

そして最後に、もっとも重要なのは我々野球ファンが積極的に球場へ足を運ぶことです。なかなかアメリカまで足を運べた人は少ないと思いますが、今回のWBCで活躍した選手たち、しかも各国の代表たちのプレーを目の前で見ること。
これ以上、日本の野球を3年後の大会に向けて盛り上げることはないのでしょうか?

こうした努力を払ってこそ、今回の優勝が真の意味で生かされて、将来、太平洋を越えたワールドシリーズが開催される契機となるのではないでしょうか?
posted by SNR at 18:53| Comment(2) | TrackBack(2) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

WBCで日本代表は何を目指すか?

WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)のアジアラウンドが終了しましたね。
初戦で中国、次いで台湾と、コールド勝ちを収めた日本代表でしたが、最終戦の韓国戦では惜しくも2−3で逆転負けを喫してしまいました。
これでアジアラウンドは2位での突破ということになり、3月12日からスタートする2次リーグ(B組の1位・2位と韓国との総当り)へと駒を進めることになります。
目標に掲げていた「アジアNo.1」としての進出は逃してしまい、世界チャンピオンを目指して不安を抱えての船出となってしまいました。

さて、今回の日本代表チームを見て、おやっと思う点はありませんか?
何が変わったって、イチローがもっとも大きく変わったような気がしませんか?
すでにあちこちで言われているとは思いますが、マスコミ対応もすごく明るくなり、何よりもチームを引っぱっていくぞという意志がとても強く感じられますね。
これまでのような孤高の職人というイメージが大きく変わったような気がします。
メジャーリーグを5年経験して、意識が変わったのではないかなどと言われていますが、本当にそれだけなのでしょうか?
変わったとしたら、どんな意識を持つようになったのでしょうか?

これはもちろん推測ですが、イチローは単なる世界チャンピオンだけでなく、日本野球と世界標準ということを意識して戦っているのではないでしょうか?
しばしば言われているような、望郷の念とはちょっと違うような気がします。
「向こう30年は日本に手は出せない感じで勝ちたい」
この言葉を文字通り受け取れば、圧勝をしたいということです。
しかし、たとえ10対0くらいで完封勝ちを収めたとしても、30年も手を出せないというのはちょっと大げさすぎる気がします。
日本野球が日本らしさを発揮して世界一になること、すなわち日本野球を世界標準にしてしまうことをイチローは目指しているのではないでしょうか?
もしそうであれば、他の国々はいわゆる日本流を自分のものにするまで長い歳月を必要とするようになるわけですから。

この発想は2004年シーズンに年間最多安打のメジャー記録を打ち立てたイチローだからこそのものではないでしょうか?
イチローは海を渡りましたが、自分のプレースタイルをメジャーに合わせて変えるどころか、逆にアメリカ人に自らのスタイルを認めさせてしまったわけです。
そしてもちろん、アメリカで確立されたイチローという個人を鍛えたのは日本野球です。
その日本野球を世界標準にすること、これこそイチローが新たに見つけた挑戦の舞台なのかもしれません。
まあ、あくまでもこれは想像であり、僕の個人的な願望なのかもしれませんけどね。

今までオリンピック等で、足並みばらばらだった日本代表に統一感が出てきているのは事実でしょう。
でも、本当に日本代表が目指しているものは何なのでしょうか?
単なる世界チャンピオンを目指しているのか、それとも世界標準まで視野に入っているのか?
こんな視点で2次リーグ以降のWBCを見てみるのは、いかがでしょうか?
posted by SNR at 10:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

「ただのチョコレート屋」のまなざしで

トリノオリンピックで日本選手がなかなかメダルをとれませんね。
女子モーグル、スキーのジャンプ、スノーボード・ハーフパイプに、スピード・スケートと、あと一歩というところまでは行くのですが、なかなか期待のメダルには手が届きません。
残念だなと悔しい思いをしながら、夜更かしをしている寝不足さんも、たくさんいるのではないでしょうか?

「ただのチョコレート屋よ」
これは数年前に映画にもなったジョアンヌ・ハリス原作の『ショコラ』に登場する主人公ヴィアンヌの台詞です。
放浪のすえ村にたどり着いたヴィアンヌ母娘は「チョコレート屋」を開きますが、最初はなかなか受け入れてもらえません。
そんななか、村の老婆アルマンドが「でもね、あんたがきてくれて、あたしたちには楽しみができたのよ」と言い、それに対してヴィアンヌが「ただのチョコレート屋よ」と返したのです。

閉鎖的なフランスの片田舎の村にやってきたヴィアンヌは、「すべての人を幸せにしてしまう魔法のチョコレート」で村人のこころを解きほぐしていきます。
「わたしには、お客全員の好みがわかる。これはちょっとした才能、占い師がお客の手相を読む技のようだ」と述べているように、彼女は人々のこころの機微を読み人生を愛する喜びを与えていきます。

国は変わりますが、トリノが位置しているイタリアのピエモンテ州も、チョコレートの有名な産地です。
名物の「ビチェリン」をカフェで飲む姿が、テレビでも放映されていますね。
もうひとつ、トリノの南方に位置するブラという村は、「スローフード」運動の発祥の地でもあります。
あまりにスローな会場の建築ぶりから、オリンピック開幕前には開催を危ぶむ報道もありました。
そのほかにも、地下鉄が半分しか完成していなかったり、交通機関の不足などから会場間の移動に時間がかかったりなど、不満の声も出ています。
しかし、それはあくまでも日本の基準から見た不満であり、現地の人たちは「どれ、そんなに慌てないで、ゆっくりショコラでもいただきながら、のんびり見ていなさい」という雰囲気だったのかもしれません。

「あたえることには限界がない。それは人生の初歩的なレッスンで学べる真実ではないだろうか」 
ふたたび『ショコラ』に戻りますが、温かいもてなしで人のこころを解きほぐしていく「ただのチョコレート屋」のまなざしが、この言葉にあふれていると思います。
もちろん、選手のみなさんには全力を尽くしてがんばってほしいですよ。
でも、過度な商業主義やメダル至上主義に陥ってしまうとしたら、せっかくの平和の祭典を台無しにしてしまいます。
競技を見ている側の我々はチョコレートでもつまみながら、「何かを与え合い、共有するような気持ち」も持って観戦したいものですね。
posted by SNR at 17:55| Comment(12) | TrackBack(4) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

サッカー大国の興亡 ドイツワールドカップとその先にあるもの

来年ドイツで開催されるサッカー・ワールドカップの組み合わせ抽選が行われましたね。
日本はグループFに入り、オーストラリア、クロアチア、ブラジルの順に対戦して、グループリーグ突破をかけた戦いをすることになりました。
対戦相手も決まり、いよいよ本番に向けて血が騒いできている人も多いのではないでしょうか?

世界レベルのサッカー大会といえばもうひとつ。
クラブチーム世界一を決める「クラブワールドチャンピオンシップ・トヨタカップ」が明日から日本で開催されます。

日本人は幸せものですよ!!!
2002年の「ワールドカップ」今年の「トヨタカップ」と、
わずか3年くらいのうちに、世界レベルの大会を2度も開催できるのですから!

サッカーはあまり詳しくないという方のために、トヨタカップを簡単に説明しておきます。
昨年まで、欧州チャンピオンのチーム(欧州チャンピオンズリーグ優勝チーム)と南米チャンピオンのチーム(リベルタドーレス杯優勝チーム)が日本で1試合戦うだけのものだったのですが、
今年から各大陸のナンバー1クラブが集まって、文字通り世界一を決める大会になったのです。

今年は残念ながら、Jリーグのチームはアジアチャンピオンになれませんでした。
でもこれからJリーグのチームが世界一になるなんてこともあり得るのです!
来年は先日Jリーグチャンピオンになった「ガンバ大阪」と、いま開催されている天皇杯チャンピオンチームが、出場権をかけてアジアチャンピオンズリーグを戦うことになります。
楽しみですねぇ。

話を元に戻しましょう。
来年のワールドカップですが、日本はどのくらいまで勝ち進むのでしょうか?
敢えて予想はしませんが、アジアの新興国家に過ぎない日本の真の実力が試される厳しい戦いになることは間違いないでしょう。

ワールドカップ出場も3回目だし、2大会連続アジアチャンピオンにもなっており、日本人選手も海外で活躍しているのになぜ?
こう感じる人も多いかもしれませんね。

では、日本には何が欠けているのでしょうか?

とても曖昧な言葉ですが、「サッカー文化」というものが、まだまだ日本には足りないような気がします。
確かに能力の高い選手が集まり、戦術を整えたチームづくりをすることも大切ですよ。
でもそれだけではない何かが、
強豪国といわれる国の代表を支えているような気がするのです。
国民がサッカーを支える、「文化」としか呼びようのない空気というか土壌みたいなものが。

ずいぶん昔になりますが、ポール・ケネディの『大国の興亡』という本がヒットしました。
近代以降、大国が世界で覇を競ってきた歴史を綴った本ですが、
「対外的に拡張しすぎた国は、やがて自らを支えることができなくなり滅びる」
というのが、もっとも大きな議論の柱でした。

サッカーでも同じようなことが言えるのではないでしょうか?
日本代表がワールドカップに出たり、日本人選手が世界に羽ばたいたりすることも大切です。
でも、それと同じくらい我々が住んでいる日本という国の「サッカー文化」を育てることも大切なのではないでしょうか?

世界の強豪クラブを集めた大会を開けることは、とても貴重なチャンスなわけですよ。

ちなみに、なぜトヨタカップが日本で開かれるようになったかご存知ですか?
もちろん、トヨタが強力なスポンサーとなったこともありますが、日本人のサッカー観戦へのマナーが評価されたことも背景にあったのです。
こういうものも、将来の日本代表を支えるひとつの「サッカー文化」なのではないかな?
僕はこう考えるわけです。

日本人がサッカーを楽しみ、Jリーグを盛り上げ、日本代表やJリーグのチームがアジアでの国際大会で切磋琢磨して、そして世界一を争える強豪国になること。
こういう着実なルートをゆっくりとつくりあげていくことが大切なのではないでしょうか?

明日からの「トヨタカップ」、そして来年の「ワールドカップをこんな思いで盛り上げていきませんか?
posted by SNR at 21:16| Comment(10) | TrackBack(12) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

大江戸探訪ぶらり旅はいかがですか?

街には堆く積み上げられた目に見えぬ地層のようなものがあります。
変わりゆく街、行き交う人々、吹きすさぶ時代の波。
失われた市井の面影を求めて街を歩いてみませんか?


なんて、今日はちょっと出だしの趣を変えてみました。
「ALWAYS 三丁目の夕日」という映画がヒットしていますが、
昭和を飛び越えて、はるか江戸時代までタイムトリップしてみるのはいかがでしょうか?

「東京時代MAP 大江戸編」という本を買いました!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838103573/249-6088488-2603503
江戸時代の地図の上に半透明のトレーシングペーパーに描かれた現在の東京の地図を重ね合わせたものです。
「京都時代MAP 幕末・維新編」というのもあるようです。

江戸幕府開闢400年に当たる2003年あたりから、
あちらこちらで「江戸ブーム」のようなものが起こっていました。
また、時代劇や歴史小説などは数多の作品が次々と生み出されていますが、
僕たちがいま生活している東京という街とどのようなつながりがあるのか?
なかなか視覚的に理解していくことは困難でした。
「八重洲ブックセンター」の1階で、古地図を売っているのを目にしていた僕としては、
1冊で手軽に時代を超えたつながりを体験できるこの本は、まさに垂涎というべきものでした。

例えば、銀座や有楽町の辺りに行かれたことがある方は、外堀通りという通りが走っているのをご存知だと思います。
なぜ外堀通りというのか?
外堀が埋められたのは東京オリンピック前のことなのでご存知の方もたくさんいるでしょうが、
首都高速が通っている場所が江戸城の外堀だったわけです。
そして「有楽町マリオン」がある辺りに「数寄屋橋御門」という門があったのです。
いまは通りの名前と「数寄屋橋」という交差点名などに名残をとどめているだけですが、
昔はちゃんとお堀があって、橋がかかっていたんですね。

ちなみに僕は自分が昔住んでいた場所を調べてみましたが、
丹波長門守という人のお屋敷でした。
あいにく地図の範囲があまり広くないので、誰もがこんな遊びをできるわけではないかもしれませんが、自分がよく知っている場所に何があったのかを調べてみると、色々な想像力をかきたてられて楽しいものですよ。

それだけじゃありません。
ちょっと東京の地図を広げて見れば、
「小伝馬町」とか、「八丁堀」とか、「蔵前」とか、あるいは「目黒・目白」とか、
興味をそそるような地名がいっぱい並んでいます。
この「東京時代MAP」を片手に探求してみると、なかなか面白いことがあるかもしれません。
さらに好きな歴史小説や落語などと重ね合わせると想像力は無限に膨らみそうです。
たまにはゆっくりこんな遊びに興じてみるのも、それこそ江戸の「粋」なのかもしれませんね。

2005年もいよいよ師走を迎えてしまいました。
この東京で何が起こっているかといえば、例のマンション偽装問題です。
近代に入り次々と変貌をしていく東京という街の顔に、泥を塗るようなことが行われてしまったわけです。
そんなふうに考えると、ちょっと哀しい気持ちにもなりますが、
火事や震災、空襲や大開発…。
さまざまな営みから生まれるエネルギーを経て、この街はその容貌を変えてきたわけです。
人間の偉大な情熱だけでなく、愚かしさをも飲み込んでこの街が出来上がってきたこと。
そんなふうに僕たちが住んでいる街を見つめなおしてあげることも、ときには必要なのかもしれませんね。

追記:
もっと追及したい人には、「江戸東京重ね地図 XP対応版」というのがあるようですよ。
結構高いですけど、お試しあれ。
http://pub.maruzen.co.jp/shop/cd-rom/4901441205.html
個人的には明治時代の東京市と呼ばれていた頃の地図や、震災後に復興した街の地図、あるいは戦後復興の途上にある東京の地図あたりも、重ね合わせて楽しみたいのですが…。
posted by SNR at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

千葉ロッテ劇場、壮大なフィナーレ!

千葉ロッテマリーンズ日本一、おめでとう!!!

珍しくポジティブな始まりであります。
というのも個人的な話で申し訳ないのですが、
僕は千葉ロッテマリーンズ・ファンなのであります!!!
31年ぶりの快挙に、自然と笑みがこぼれないわけにはいかないのです。

しかし、ソフトバンクとのプレーオフのときから言われていましたが、
「ロッテの快進撃はプレーオフ制度によるものだ」というような言われ方をされているのが、ちょっと気になります。
確かにプレーオフ制度には問題があると思いますよ。
でも、そういう見方だけをしていると本質が見えないのではないのでしょうか?

阪神ファンの方には申し訳ないけど、残念ながらロッテと阪神では野球のレベルが完全に違いました。
もちろん、阪神の個々の選手の能力が劣っているというわけではありません。
打者がボールを見極める力、投手が投げる球の微妙な制球、守備の球際で見せる力強さ、一瞬の走塁判断、そしてチームがひとつの有機体となってつくるダイナミズム。
どれをとっても、格段の違いがあることは目に見えていました。
専門家ではないのでうまく表現できないのですが、
何というか、今までの「野球」でもない、かといって大リーグの「ベースボール」でもない、
新たなものが生まれたような気がするんです。
ただの勢いでは説明のつかないような…。
って、ファンだからって誉めすぎですかね。

あまりの嬉しさにまだまだ続けちゃいます。(^_^)
もうひとつロッテのすごいところは、昨年から目立った補強はほとんどしておらず、
しかも外国人以外は、ほとんど生え抜き。
敢えて大きな補強といえば、サポーターに背番号「26」(ベンチ入りの25人に続く選手という意味)を用意して、正式にチームのメンバーに加えたことくらいでしょうか(笑)
でも、これって一番大事なことでしょう?

昨年のプロ野球はいろいろとありました。
球団合併に1リーグ構想、そして初のスト…。
「プロ野球改革元年」とも呼ばれる1年に、こんなに強くて楽しい球団が日本一になったわけです。
他の11球団がみんなロッテの真似をすれば、
日本のプロ野球の未来は、変わっていくのかもしれません。
新しい野球のスタイルで、イチローや松井といった個人としてではなく、
チームとして大リーグ・チャンピオンに挑んでいく日が近いのかもしれませんね。

さて、早くも来シーズンの話ですが、
プレーオフで敗れたソフトバンクと、日本シリーズで敗れた阪神が、
どんな戦い方をしてくるのか大注目ですね。
ロッテに対してどんなリベンジを見せてくれるのか?
そして、ロッテの方もどのような戦い方をしてくれるのか。
今シーズンのロッテが見せてくれた野球が革命なのか、それとも奇跡なのか?
その答えがグランドで出されるのです。
posted by SNR at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。