2005年11月29日

そこには人が生活しているんですよ!!

ほとんどの方が定率減税廃止やむなしで、意見は一致したと思います
期限つきの減税を廃止するということで、通常の増税ではない…


政府税制調査会会長である石弘光氏の発言です。
僕はみなさんに問いたいですよ。
いったい誰が定率減税廃止やむなしなんて言ったんですか!!!
そもそも、いつどのような方法で定率減税廃止について意見を求められたんですか!!!


そもそも最近の専門家の人たちというのは、
問題を単なる数字合わせとしか考えてないような気がしませんか?

定率減税廃止だけじゃないですよ。
来年以降に見送りと言われている消費税率のアップにしてもそうだし、
医療費の自己負担比率のアップもそうですよ。
1割から2割に、あるいは3割に引き上げと簡単に言われても、
そこに生活している人からすれば、2倍・3倍の出費になるわけですよ!
そのことが全然わかっていないとしか思えません。

渦中のマンション偽装問題もそうですよ。
強度が3割のマンションを作っておいて、「地震がきたら、ぺしゃんといくでしょうね」とは何ですか!
住民への補償問題についてのヒューザー社長の発言もそうですよ。
いい加減な数字ばかり並べるだけで、
あれでは、証拠隠滅の時間稼ぎにテレビに出ていると批判されても仕方ないでしょう。

これが法隆寺をつくった国の建築関係者がやることですか!!!
※法隆寺五重塔は現存する世界最古の木造建築です。念のため…^^’)
建築に携わるすべての人は、西岡常一さんの『木のいのち 木のこころ』を読むべきですよ。

話がややそれてしまいました。
とにかく僕が言いたいのは、
「専門家の人たちにはそこに人が生活しているということを自覚して行動してもらいたい」ということなのです。

最後にもうひとつ。
今回のマンション騒動に自民党がどう対応するのか?
選挙のときに主張したように、自民党が本当に新しく生まれ変わったのか?
癒着やしがらみを断ち切った改革政党へと生まれ変わったのか?
自民党のみなさん、その真価が問われているのですよ。
327議席という数字に奢らずに進んでいけるかが…。
posted by SNR at 19:36| Comment(2) | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBさせていただきます。

まったくですね。
西岡氏もおっしゃっていますが、時代とともに失われていくものがあるという典型なのでしょうね。
Posted by JJ at 2006年01月15日 15:26
JJさん、コメントありがとうございます。
西岡さんの方からTBをいただくとは思っていなかったので、ちょっとびっくりしました。これからも、よろしくお願いします。
Posted by SNR at 2006年01月16日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

続・広がる不信:耐震強度偽装(木村建設・ヒューザーそして伊藤公介氏)
Excerpt: 「広がる不信」は、とうとう政治家の名前までが飛び出してきた。伊藤公介衆院議員(元国土庁長官)である。既報の通りであるが、以下に伊藤議員とヒューザー小嶋進社長そして国交省幹部との経緯について、当該記事他..
Weblog: 時評親爺
Tracked: 2005-11-29 20:27

衆議院国土交通委員会参考人招致(2)
Excerpt: 衆議院国土交通委員会が先ほど散会したようであるが、ろじゃあは一部しか内容を視聴す
Weblog: 法務の国のろじゃあ
Tracked: 2005-11-29 21:03

『調和』にまつわる連想
Excerpt: 映画「歓びを歌にのせて」の中に次のような台詞がある。 『音楽はそこにある』 小村の小さな聖歌隊に歌を教える際に、主人公の世界的な指揮者が語った言葉だ。そして、そこから感じられたイメージが今、僕の脳..
Weblog: Take A Deep Breath
Tracked: 2006-01-15 15:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。