2005年10月31日

小泉内閣改造報道 解体新書

昨日、小泉内閣の改造が行われましたね。
ホリエモンに奥田さん(経団連会長)、果ては毛利さんまで…。
「サプライズ予想」を展開していたマスコミは、今度の人事にがっかりだったようだけど、
そんな姿勢こそが小泉劇場を盛り上がらせた原因となっていることに、彼らはまだ気がつかないのでしょうか?
総選挙で小泉劇場を煽った反省はどこにいったのやら…

挙句の果てに「国民がこんなに組閣に関心を持つようになりまして」と、まるで有権者が政治参加しているとでも言わんばかりの口ぶり。
実際には観客としてただ見ているだけで、せいぜいできることは出走場のわからない競馬予想のようなもの。
こんなニュースを延々とやるんだったら、食品安全委員会が年内に米国産牛肉の輸入解禁を答申した方が、よっぽど重大なことだと思うのですが。

あともうひとつ、森さんの発言も気になりますね。
「次々とバトンタッチをして、皆さんに機会を与えていただくことが大事」と。
大臣のポストというのは、みんなで先を争って授かるご褒美なんですか!
「バトンタッチ」に「機会平等」なんて、あまりにも国民をバカにしてますよ。
みなさん、そう思いませんか?

サプライズなんて、本来はなくて当たり前じゃないですか。
わずか1年前に組閣をしたのは小泉さん本人なんですから、
大臣をそんなにくるくる変えること自体、
小泉さんの前回の人事が失敗だったということを言っているようなものじゃないですか。

さて、明日から11月。
早いもので、今年も残りわずか2ヶ月です。
新たに発足した内閣がちゃんと改革を進めるかどうか。
それこそを、ちゃんと見守りたいものですね。
posted by SNR at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9452403

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。