2005年10月27日

千葉ロッテ劇場、壮大なフィナーレ!

千葉ロッテマリーンズ日本一、おめでとう!!!

珍しくポジティブな始まりであります。
というのも個人的な話で申し訳ないのですが、
僕は千葉ロッテマリーンズ・ファンなのであります!!!
31年ぶりの快挙に、自然と笑みがこぼれないわけにはいかないのです。

しかし、ソフトバンクとのプレーオフのときから言われていましたが、
「ロッテの快進撃はプレーオフ制度によるものだ」というような言われ方をされているのが、ちょっと気になります。
確かにプレーオフ制度には問題があると思いますよ。
でも、そういう見方だけをしていると本質が見えないのではないのでしょうか?

阪神ファンの方には申し訳ないけど、残念ながらロッテと阪神では野球のレベルが完全に違いました。
もちろん、阪神の個々の選手の能力が劣っているというわけではありません。
打者がボールを見極める力、投手が投げる球の微妙な制球、守備の球際で見せる力強さ、一瞬の走塁判断、そしてチームがひとつの有機体となってつくるダイナミズム。
どれをとっても、格段の違いがあることは目に見えていました。
専門家ではないのでうまく表現できないのですが、
何というか、今までの「野球」でもない、かといって大リーグの「ベースボール」でもない、
新たなものが生まれたような気がするんです。
ただの勢いでは説明のつかないような…。
って、ファンだからって誉めすぎですかね。

あまりの嬉しさにまだまだ続けちゃいます。(^_^)
もうひとつロッテのすごいところは、昨年から目立った補強はほとんどしておらず、
しかも外国人以外は、ほとんど生え抜き。
敢えて大きな補強といえば、サポーターに背番号「26」(ベンチ入りの25人に続く選手という意味)を用意して、正式にチームのメンバーに加えたことくらいでしょうか(笑)
でも、これって一番大事なことでしょう?

昨年のプロ野球はいろいろとありました。
球団合併に1リーグ構想、そして初のスト…。
「プロ野球改革元年」とも呼ばれる1年に、こんなに強くて楽しい球団が日本一になったわけです。
他の11球団がみんなロッテの真似をすれば、
日本のプロ野球の未来は、変わっていくのかもしれません。
新しい野球のスタイルで、イチローや松井といった個人としてではなく、
チームとして大リーグ・チャンピオンに挑んでいく日が近いのかもしれませんね。

さて、早くも来シーズンの話ですが、
プレーオフで敗れたソフトバンクと、日本シリーズで敗れた阪神が、
どんな戦い方をしてくるのか大注目ですね。
ロッテに対してどんなリベンジを見せてくれるのか?
そして、ロッテの方もどのような戦い方をしてくれるのか。
今シーズンのロッテが見せてくれた野球が革命なのか、それとも奇跡なのか?
その答えがグランドで出されるのです。
posted by SNR at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。