2006年06月15日

これからの鉄道が果たすべき使命とは

少し前のことですが、阪急ホールディングスと阪神電鉄の統合が実現することになりました。
戦後初の私鉄再編が行われることになりそうですが、そのメリットとはどのようなものなのでしょうか?

5月24日に開かれたアナリスト向け説明会で、阪急HDの角社長は経営統合のメリットを4つ取り上げたそうです。
まず1つ目が都市交通事業による統合効果で、阪急・阪神の共通乗車券を発行すること、バス事業の一体運営によるコスト削減(操車場の統合削減など)、あるいは運行ダイヤ連動によるサービス向上などです。
2つ目が梅田地区の総合開発で、JR大阪駅北地区の再開発を、西梅田を拠点とする阪神と北梅田を拠点とする阪急が連動して行うことが想定されているようです。
3つ目が不動産事業で、住宅供給実績に富んでいる阪急と賃貸中心の経営の阪神が、統合により相互補完的に事業を進められるというものです。
最後に4つ目がリストラによる経営の効率化が挙げられるのだそうです。

さて、上記の4点について、僕自身は関西に住んだ経験がないため、どれほどのメリットであるのか実感がありません。
しかし、「村上ファンドの登場による仕方なしのものでなく、積極的な経営統合である」ということを主張するにしては物足りなさを感じてしまうのですが、みなさんはいかがでしょうか?
これまで関西でも関東でも、各私鉄会社は地域的な住み分けができており、運賃体系もビジネスモデルもほぼ横並びを続けてきました。
今回の角社長の説明も、@電鉄事業、Aバス・タクシー事業、Bターミナル駅での百貨店・ホテル事業、C沿線の住宅開発と不動産事業、という従来のビジネスモデルの枠を出るものではありません。

少し時代を遡って戦前の地下鉄に話を移してみましょう。
日本でもっとも古い地下鉄が今の東京メトロ銀座線であることは、みなさんもご存知かとは思いますが、渋谷−新橋間と上野−新橋間が別々の路線としてつくられたことを知らない方もいらっしゃるかもしれません。
上野−新橋間をつくったのは東京地下鉄道株式会社で、この会社を経営していた早川徳次という人は、新たなビジネスモデルをつくりだす才能に溢れた人でした。

例えば、建設途中で資金に行き詰ってしまったため、日本橋三越と交渉して駅名を「三越前」とする代わりに工事費用を捻出させてしまった話はあまりにも有名です。
今で言うところの「ネーミングライツ」のはしりですね。
あるいは、上野駅構内に「地下鉄ストア」という形でお店をオープンさせますが、これはJR東日本の「エキュート」や東京メトロ表参道駅の「エチカ」と同じ、「駅ナカビジネス」の発想です。
この後、神田駅、日本橋駅、銀座駅、新橋駅にも「地下鉄ストア」をオープンさせます。
現在では神田駅須田町出口方面に4店舗が残るのみだそうですが…。

このような新しいビジネスの発想を持った経営者は、もう現れないのだろうかと考えていたところ、小田急電鉄について面白い記事が紹介されていました。
小田急線は高架複々線化工事を行ってきているのですが、その高架下のスペースに系列スーパーや保育所、他社のホームセンターなどを誘致して、来年度の関連事業売上高を昨年の2倍に引き上げようというのです。
特に好感が持てるのは、商業施設だけでなく地元自治体の福祉施設や自治会館なども入居するというパブリックな要素が盛り込まれている点です。

これからの鉄道は単なる駅前や駅ナカの開発だけでなく、鉄道路線というインフラをフル活用することが求められていると思います。
そのなかでも、沿線の街づくりに貢献できるような開発を行うことと、利用客に快適で便利な通勤・通学を提供することが必要だと思います。

すでに、高架複々線化による混雑緩和に取り組み始めている小田急ですが、高架下の有効利用で街づくりに貢献して、さらにそこから得られた収益ですでに開始されている、自動改札を通過する際に携帯電話にメールで沿線情報配信する「小田急グーパス」などのサービスを充実させる。

こんなふうに新しいビジネスモデルを展開していくような発想が、他の私鉄でも次から次へと出てくれば、沿線もどんどん活気づいていくと思います。
これまでのビジネスモデルの枠を出ない、単なる規模の追求と効率化だけでは、あまりにも寂しい統合だとは思いませんか?
posted by SNR at 19:41| Comment(3) | TrackBack(6) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ 信託大好きおばちゃんです。
トラックバックありがとうございました。

阪急と阪神の統合は、報道などを読むと事業を一緒にやることによるシナジー効果があるというものですが、大阪の人間としては???です。

カラーがぜんぜん違っていて、しかも線路が同じ地区を走っているので昔から仲が悪かったみたいですしね。

私としては、本当は事業のシナジーというよりも阪急側としては、昔からの莫大な含み損の処理をいずれしないといけないという重い十字架を背負っていたのだと思います。

そうしたら突然阪神騒動がおこり、今阪神と統合したら最大限税務メリットを受けて不良資産処理ができるから、千載一遇のチャンスと思ったのではないでしょうか。

そう思って報道をみると、税務上の要件を満たすために繕ってるなとしか思えないですね♪

ま、ほんとうのところはわかりませんが、



Posted by 信託大好きおばちゃん at 2006年06月16日 14:22
三越前、というのはそういうことだったんですね。勉強になります。

地下鉄では無いですが、JR東日本は電子マネーや線路部分の空中権取引、Yahooとの提携などなど、先進的な取り組みをやってますよね。
Posted by okamura at 2006年06月19日 16:42
信託大好きおばちゃんさん、okamuraさん、コメントありがとうございます。
財務上の問題はよく言われていますが、大阪の方でもシナジー効果には疑問ですか。それにしても、信託大好きおばちゃんとは、なかなかすごいネーミングですね。
エキュートだけでなく、ルミネなどの駅ビルも含めると、JRは立派な流通業界の雄ですね。国鉄時代からのすごい資産持ちですから、箱モノで強いのは当たり前と言えば当たり前ですが、suicaなどの取り組みについては興味深く見ています。鉄道事業にとって基本の安全投資をしっかり行いつつ、ソフト面でどれだけ良いサービスを提供できるか楽しみですね。
Posted by SNR at 2006年06月21日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19315857

この記事へのトラックバック

阿倍野再開発事業批判
Excerpt: ☆政治経済法律電網討論 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 東急不動産・東急リバブル不買運動 ☆★★★★★★..
Weblog: 東急リバブル・東急不動産不買運動
Tracked: 2006-06-15 23:01

阪急・阪神統合の未来
Excerpt: サブマリン山田&小林繁のファンだった、ということはさておき、一般に言うほどの効果が出にくいとされる企業買収の統合効果ですが、まずは第一段階のTOB価格設定の詳細開示となりました。加えて、第三者アナリス..
Weblog: 資料保管庫・管理人のひとりごと
Tracked: 2006-06-16 20:12

新TBC構築について (玄耕庵日乗のワガママ)
Excerpt: 私個人があまり閲覧時間が長くとれず極々決まった方々のブログしか巡回しないので、個人的にUTSに希望するものとして、一旦閉鎖したもののやはり話題別のトラックバックセンターが欲しいなと思い、現在新しいもの..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-06-17 11:19

気候変動の影響が遺伝子レベルまで浸透 
Excerpt:  オレゴン大学の生態学・進化生物学センターの研究者が、最近の急速な気候変動が動物を気温上昇の直接的影響よりも季節事象の変化に適応するような進化に駆り立てているという論文を発表した。研究者は、気候変動の..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-06-18 11:44

「日本の財政は危機的」はガセ
Excerpt:  財政再建という「錦の御旗」の元で「国保崩壊」でも紹介したような非道がまかり通っています。諦めてしまう前に、私たちは、本当に日本の財政は危機的なのか、を最初に検証してみることが必要です。  ここでは、..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-06-19 21:42

識者たちの「ウソ」
Excerpt: 小泉デフレ政策を支持し、国民を大増税に追い込んでゆく識者の見解にも、事実に反すること (ウソ)が多く見られる。代表的なものを見てみよう。 (1)「現在の日本はいざなぎ景気を超える景気拡大」 (吉川洋..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-06-21 18:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。