2006年05月26日

ポスト小泉の振る舞い

先日の安倍官房長官の立候補宣言で、ポスト小泉レースは事実上、安倍氏と福田氏の一騎打ちに絞られてきた感があります。
各種世論調査の結果を見ても、先行する安倍氏を福田氏が猛追するという図式がはっきりしてきたようです。
まだ実際の総裁選までは3ヶ月以上もあるので安易な予想はできませんが、国会終了後にしっかりとした政策論争が行われることを望むばかりですね。
そのためにも、教育基本法、共謀罪、あるいは国民投票法といった重要法案や、社会保険庁による年金納付率偽装や米国産牛肉の輸入再開といった問題に対して、彼らがどのような態度を見せるのかにも注目しておきたいものです。

さて、本日のテーマは政治家のパフォーマンスについてです。
これまで長い間、「パフォーマンス」という言葉は、政治家にとってマイナスイメージ以外の何ものでもありませんでした。
しかし小泉総理の在任5年間で、政治家が人気を得るために必要な要素として、すっかり定着してしまったような気がします。
先日の『ニュース23』で田原さんと対談した筑紫キャスターが、「世界中どこを見渡しても、あれだけ毎日テレビに登場する指導者はいない」と言っていましたが、我々も知らず知らずのうちに、すっかりそのペースに乗せられてしまっているのでしょう。

僕の個人的な意見としては、政治家にとってある種のパフォーマンスは必要であると考えています。
ただ、あまり「パフォーマンス」という言葉を安易に使いたくはありません。
むしろ、古くからある日本語である「振る舞い」という言葉を使いたいと思っています。
理由はそんなに難しいものではありません。

振る舞いという言葉には2つの意味があります。
ひとつは、「振る舞うこと、挙動、あるいは態度」という意味で、「立ち居振る舞い」などという使われ方をします。
もうひとつは、「ごちそうをすること、もてなし、あるいは供応」という意味で、「大盤振る舞い」などという使われ方をしますね。
両者の違いを、お分かり頂けたでしょうか?

「振る舞う」という言葉には、単なる態度や挙動という意味だけではなく、相手のために何かしてあげるという「もてなしの心」が含まれているのです。
政治家がパフォーマンスをする際にも、自分の私利私欲だけを求めるのではなく、相手、つまり国民のために行動するという側面を持つことを忘れないでいただきたいですよね。
「パフォーマンス」ではなく、「振る舞い」という観点から、ポスト小泉レースを見ていくというのはいかがでしょうか?
posted by SNR at 17:07| Comment(5) | TrackBack(10) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。ご無沙汰してます。
先ほどはTB有難うございます。
ご意見まったく同感です。
>「パフォーマンス」ではなく、「振る舞い」という観点から、ポスト小泉レースを見ていく
う〜む。そのとおりですね。真摯な態度で国民や党員にメッセージを送り、そして総裁選レースに臨むということでもありますね。
それでは又。
Posted by 閑話ノート at 2006年05月26日 19:00
初めまして、TBありがとうございました。
パフォーマンス、という言葉を使うことに特別違和感を感じていなかったのですが、言われてみれば、確かに「もてなしの心」という意味もありますよね。
果たして今の政治家にそういった心があるかは疑問ですが(苦笑)
でも再選や派閥がどうとかいう私利私欲のためでなく、やはり「政治家」には本当に国のことを考え、国民の為に頑張ってくれる人になって欲しいものですね。
それでは失礼します!
Posted by 桜庭 at 2006年05月27日 02:06
閑話ノートさん、お久しぶりです。桜庭さんも、コメントありがとうございます。
今回の記事を書いて、9月の総裁選まで「ポスト小泉候補振る舞いチェック」を続けてみようかと思いました。もちろん、みなさんのアイディアや指摘も歓迎です。
Posted by SNR at 2006年05月29日 17:39
小泉さんは、「改革」と言って、全然中身がないというか、国民に改革とだけ言って国民を操っている感じします。
前の総選挙でも、郵政法案のみ表に出して、他の大事な法案を隠していたのですから。
ちゃんと中身を説明したパフォーマンスが欲しいと思います。
Posted by tweety at 2006年05月30日 07:53
tweetyさん、コメントありがとうございます。
「ちゃんと中身を説明したパフォーマンス」。いいですね。中身がないものは、ただの格好だけの振る舞いですよね?
Posted by SNR at 2006年06月01日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

安倍晋三官房長官、自民総裁選、出馬意向固める。
Excerpt: 安倍晋三官房長官は小泉純一郎首相の後継を選ぶ9月の自民党総裁選に立候補する意向を固めた。7月中旬にロシアで開く主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)後に正式表明する。 安倍氏は立候補の決意を..
Weblog: 閑話ノート
Tracked: 2006-05-26 18:13

5月31日共謀罪強行採決のシナリオ〜保坂議員の見解
Excerpt: 共謀罪制定阻止のために,民主党の平岡議員らと「共闘」してきた保坂議員が,HPで,5月31日強行採決というシナリオが描かれている可能性を指摘している。与野党の実務者チームが結成されたことで,今国会の成立..
Weblog: 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
Tracked: 2006-05-27 12:51

社会保険庁ぬるま湯体質のあきれた不正と私も思います。
Excerpt: 『何という体たらくか。社会保険庁の組織体質を象徴するような出来事だ。 東京、大阪、長崎の社会保険事務局が、本人からの申請がないのに、国民年金の保険料を免除する手続きを行っていた。 不正免除..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2006-05-27 15:46

ポスト小泉
Excerpt:  今年9月に現総理大臣小泉純一郎が辞任する。そして今、その後の総理いわゆる「ポスト小泉」がメディアで盛んに取り上げられている。  今日の朝日新聞の記事によると、世論調査では一位が41%で安倍晋三官房..
Weblog: あーだこーだにゅーす
Tracked: 2006-05-27 18:14

TBCを閉鎖します
Excerpt:  Under the Sun-TBC-は思い返せば、昨年の11月にTBC構想が湧き上がり、12月17日、FC2ブログにてUnder the Sun-TBCを立ち上げました。その後、exiteブログに移..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-05-28 22:50

杉浦法務大臣の「共謀罪」問題発言を法務省が掲載〜越権を自白!
Excerpt: 杉浦法務大臣が共謀罪の裁決について,「とっとやれ」という趣旨の発言をしたこと,それが越権行為にあたることは,ここ←で述べましたが,その発言の全容を法務省がHPで掲載していますので,ご確認下さい。法務省..
Weblog: 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
Tracked: 2006-05-29 07:32

非核三原則?
Excerpt: マスコミでは米軍再編の話題が、日本側の負担金額を中心にして報道されています。また米軍再編は日本国内の基地負担の軽減の為であるかのようにも報道されています。しかし実態は米軍の極東からの撤退ないし縮小とい..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-05-30 19:12

この国の行方雑感
Excerpt: 30日付け朝日新聞のシリーズ「ニッポン人脈記柔道のこころ」の最終回はシドニー五輪100キロ超級決勝で「誤審」に負けた篠原信一とフランスのダビド・ドイエだった。私もまざまざとあの瞬間を覚えている。篠原の..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2006-05-31 07:48

核武装に向かう日本の歴史
Excerpt: 前エントリ「非核三原則?」の続編です。 以下槌田教授の盛岡講演録からの抜粋。   1957年、岸首相が初めて核兵器問題について発言しました。 「日本が防衛的核兵器を持つことは許される」。憲法の九条..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-06-01 23:02

一書の人をおそれよ--日替わりコラム(火曜日:luxemburg)
Excerpt:  私は小さい頃からほとんど本を読まなかった。昔の親というのは、何とか子供を本好きにしようと思うのか、大枚をはたいて少年少女文学全集などを買うのだが、私は兄弟の下だったので、上の兄弟が順番に読んでは次を..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-06-06 07:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。