2006年05月25日

本質からズレていませんか?

みなさんもご承知のように、このブログでは「本当に大切なこと」というテーマで繰り返し、さまざまな記事を発信しています。
その一方で、ものごとの本質をつかむことが、なかなか容易でないことも承知しているつもりです。
それにしても、ここ数日間のニュースを見ていると、大きな疑問を抱きませんか?

まずは、大阪などの社会保険事務所で4万人以上に年金納付の不正免除を行っていたという事件です。
いわゆる「年金納付率」偽装という話です。
村瀬長官が出した「『国民年金の収納率』緊急メッセージ」という文書の存在が明らかとなり、組織防衛のためにノルマ2ヶ月以内に2%アップを課していたことが判明して大騒ぎになったようです。
年金制度に対する信頼回復こそが最重要課題であることは、国民の目からは一目瞭然なのですが、社会保険庁内にいると、どうやらその本質が見えなくなるようです。

大手銀行の3月期決算が発表され、大手銀行6グループはバブル期を超える過去最高益を記録しました。
特に三菱UFJの連結最終利益は1兆円を超えてトヨタに迫る勢いだったわけですが、与謝野金融担当相のコメントは「決算は良くなってきているが、我々にしてみればまだ半人前だ」というものでした。
すでに指摘されているとおり、今回の過去最高益の背景には、不良債権処理に積んでいた貸倒引当金が景気回復のために不必要となった戻り益の存在がありました。
つまり企業業績が回復したことで貸し倒れが減った分だけ、利益となって戻ってきたわけで、これは銀行の経営努力の結果ではありません。
それだけでなく、投資信託などの金融商品の窓販で得た手数料収入も、利益をかさ上げする大きな要因でした。
そもそも、銀行が本業として行うべき預金と投資信託は競合商品です。
多くの預金者がゼロ金利状態に業を煮やして、投資信託などの金融商品へと乗り換えたわけですから、そこで手数料が増えても本業による利益ではありません。
銀行利用者に対して本業でサービスを行うことが最重要課題であることは、利用者の目からは一目瞭然なのですが、金利変動に伴うリスクに怯える銀行は、本質をきちんと理解できているのでしょうか?

最後に、教育基本法の前文をめぐり、「我が国と郷土を愛する態度を養う」という政府案と、「日本を愛する心を涵養(かんよう)する」という民主党案が対立しており、この点が象徴的に報じられています。
いわゆる「愛国心」についての議論ですが、今国会内で可決に持ち込むか、会期延長を行うのかといった、政治的駆け引きの材料に使われているようにしか見えません。
確かに、国民が自らの国を愛せないような国家は不幸ですし、そんな社会の活力は徐々に削がれていってしまうでしょう。
しかし、だからとって「愛国心」とは教育で強制するようなものなのかというのが、反対論者たちの意見です。
しかし、それ以前の問題として、国家の成り立ちや政府の仕組みについて、我々はどれほどしっかりとした教育を受けたというのでしょうか?
しっかりと理解していないものを、ただやみくもに愛せと言われても、そこに健全な民主主義が成立しうるはずがありません。
日本という国の成り立ちや仕組みを教えることが最重要課題であることは、国民の目からは一目瞭然なのですが、国会議員の先生たちは本質を理解できていないようです。

以上3つの問題について、みなさんの目にはどのように映っていますか?
posted by SNR at 15:50| Comment(8) | TrackBack(14) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB有難うございました。
ブログ拝見させて頂きました。
色々と勉強になりました。
また,おじゃまします。
Posted by ngsdd at 2006年05月25日 19:34
教育基本法改正案については2回、載せました。御覧頂ければ幸いです。
Posted by 沖縄 太郎 at 2006年05月26日 06:52
TBありがとうございます。
ブログ拝見させていただきました。
政治や社会のことは門外漢ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by 謎の中国人ミスターM at 2006年05月26日 13:13
みなさん、コメントありがとうございます。こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
沖縄太郎さん、せっかくのご案内ですが、どうやらリンクが付いていないようです。よろしかったら、TBかコメントでリンクを貼っていてだけると助かります。
「愛国心」の評価については、すでに何年か前に福岡県で試みられたケースが、あちこちで紹介されていますね。人の心の中を評価するなんて、滅茶苦茶な話ですね。
Posted by SNR at 2006年05月26日 13:33
TBありがとうございます。
愛国心についてですが、強制する前に愛したいと思う社会を作って欲しいですよね。
また、健全な社会とは冷静に判断の出来る国民がいて成り立つものだと思います。
その点で言えば、現在の社会は批判をする人がまだ多くいらっしゃるので
今までの教育はそう間違っていたとは言えないと思いますけど。
もしかして、政治家の方達が「反面教師」をして下さってるのでしょうか(笑)
Posted by サイロウ at 2006年05月27日 00:23
本質からズレているのは、保険会社もそうです。損保ジャパンが保険金不払いその額は10億円を超えるとか、明治安田、あいおい、損保ジャパンは社員が保険金立替事件も起こしています。
トラックバック有難うございました。
Posted by 政右ヱ門 at 2006年05月27日 09:50
こんにちは!
TBありがとうございました。
Posted by たまちゃん at 2006年05月27日 15:47
みなさん、コメントありがとうございます。
サイロウさんのおっしゃるとおりですね。健全な批判がない社会は、考えるだけで恐ろしいです。僕自身もなぜいま「愛国心」を強調しなければいけないのか、ときどきわからなくなります。伝統的な価値観と愛国心をもってくれば、責任のある大人が育つとは思えませんけどね。
それから、保険会社の件もそうですね。同感です。
Posted by SNR at 2006年05月29日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18354847

この記事へのトラックバック

ここがあぶない! 愛国心をめぐる教育基本法「改正」法案
Excerpt: ■与党の密室協議による法案の国会提出  小泉内閣は4月28日、教育基本法「改正」法案を閣議決定し、国会に提出した。「教育の憲法」とも呼ばれる教育基本法「改正」法案は、与党による密室協議によって、法案..
Weblog: 権力とマイノリティ
Tracked: 2006-05-25 17:08

年金保険料、4万人分以上を不正免除・猶予
Excerpt: 年金保険料、4万人分以上を不正免除・猶予 社保事務所 国民年金保険料の未納者が急増しているなかで、各地の社会保険事務所が、本人の申請があったかのように偽装し、無断で保険料を免除したり、納付を猶予し..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2006-05-26 17:32

社保庁よ 偽装は もう よそう! 年金保険料の無断免除・猶予
Excerpt: 国民年金保険料の未納者が急増している中、各地の社会保険事務所で本人の申請があったかのように偽装し、無断で保険料を免除したり、納付を猶予したりしていたことが明らかになった。保険料の未納率を低く見せかける..
Weblog: ジジィ放談
Tracked: 2006-05-26 17:35

年金保険料の不正免除・猶予が発覚
Excerpt: 年金保険料、4万人分以上を不正免除・猶予 社保事務所  国民年金保険料の未納者が急増しているなかで、各地の社会保険事務所が、本人の申請があったかのように偽装し、無断で保険料を免除したり、納付を猶予し..
Weblog: S氏の時事問題
Tracked: 2006-05-26 18:28

社会保険庁の年金納付不正免除
Excerpt: 5月25日、三重社会保険事務局が管内5社会保険事務所に対し、7500人分の国民年金保険料の不正免除手続きを指示していた問題で、川崎二郎厚生労働相は、社会保険庁に対し三重社会保険事務局の原和雄局長を更迭..
Weblog: One And Only
Tracked: 2006-05-26 20:12

年金保険料の不正免除
Excerpt: 大阪府や長崎県など各地の社会保険事務所で国民年金保険料を不正に免除、猶予する手続きを行っていたことが発覚した。 保険料納付率を上げることを目的のようだ。 (分母を小さくすることによって、納付率を上..
Weblog: ネットの片隅で...
Tracked: 2006-05-26 20:37

そろそろコイズミ政治の成果が出てきたようですね。
Excerpt: 就任当初マスコミが小泉内閣の支持率が90%とか報道していた。確かに森総理は最低だった。しかしいくら何でもその派閥から出る総理がこれだけ指示されると言うことが分からなかった。抵抗勢力とか威勢がいい人では..
Weblog: ファミリー メンタル クリニック
Tracked: 2006-05-26 21:01

ブログには力がある3「加藤周一の運動論」
Excerpt: 加藤周一氏講演があり、中国新聞にこんな記事が載っていた。「老人と若者論」は私にとっては90年代ぐらいからの彼の持論だから、別に驚かない。記事は次のようなものである。加藤周一さん、九条改憲をけん制'06..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2006-05-27 12:45

本庁ぐるみだということがわかったら辞任しますか?
Excerpt: 衆議院TV 平成18年5月26日 (金) 厚生労働委員会 長妻昭(民主党) 今回の社会保険庁の不祥事について現場の職員に「悪いことをした」という意識が少ない 架空の免除申請所を作成した 平成..
Weblog: こっかいmemo
Tracked: 2006-05-27 18:15

いい加減にしてくれ!またまた社会保険庁の不祥事!!
Excerpt: 以前から不祥事続きの社会保険庁、今回は内部の根底からの腐りを露呈した。 さすがに物事を公にせず、官僚保護に力を注ぐ小泉内閣も、与党内までも驚かす隠蔽体質に呆れたようだ。   大阪につい..
Weblog: やぶにらみトーク
Tracked: 2006-05-27 19:49

「年金問題」の何が問題なのか
Excerpt: 川崎厚労相「組織全体で解体的出直し」 不正免除問題  国民年金保険料の不正免除問題で、川崎厚労相は26日、衆院厚生労働委員会で「同じ県内で監査をしていても問題が出てこなかった。監査機能はブロック単位..
Weblog: S氏の時事問題
Tracked: 2006-05-29 01:14

各地多発の社保事務局の不正免除、呆れた村瀬長官の対応に一言!
Excerpt: 村瀬長官、何を考えているのだろう!私の目に馬鹿としか映らない。之だけ全国の出先事務局の多数で同時に不正免除、虚偽事件が行われているのに、それが個人または事務局の不正といえるのだろうか? &nbs..
Weblog: やぶにらみトーク
Tracked: 2006-05-29 18:08

慢性的「脳死」とは?
Excerpt: 「脳死」・臓器移植を問う市民れんぞく講座2001/12/ 8より朝日 俊男氏(医療文化研究センター) の講演からの抜粋です。  ハーバード大学で「不可逆性昏睡」、つまり昏睡状態になって意識が戻らない..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-06-05 20:43

市場原理と医療
Excerpt: 前記事に引き続き 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジンからの孫引きですが、大変参考になると思われるので、転載します。 「市場原理と医療  米国の失敗を後追いする医療改革」   李啓..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-06-13 23:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。