2006年04月27日

『青の時代』を考える

昨日の耐震偽装関係者逮捕以来、連日ニュースをにぎわせてきた人たちの動向が注目されていますが、ついにホリエモンの保釈が本日決定しました。
3ヶ月におよぶ拘留で彼の口から何も語られることはなかったようです。
もちろん、いろいろな事実関係は裁判を通じて明らかになるのでしょうが、マスコミ報道も世論の関心も、3ヶ月前とはガラリと変わってしまったことにあらためて驚かされます。
ホリエモン騒動やライブドアショックと名付けられ、まるで日本を揺るがす事態であるかのように騒がれたのは何だったのでしょう?
どうにも腑に落ちないので、今日は久しぶりにこの問題について考えてみたいと思います。

今風に言えば「東大生起業家」の山崎晃嗣が起こした「光クラブ事件」が、ホリエモン逮捕当時に注目されたのを覚えていらっしゃるでしょうか?
「光クラブ」とは山崎晃嗣が1948年に起こした金融会社で、月13%の高利回りを保証して資金を集め、その資金を月21から30%の高利で貸し付けるという事業内容をとっていました。
若い大学生が中心となって経営していたこと、派手な広告で注目をひく手法を用いたこと、1949年には銀座という東京の中心街にオフィスを構えたことなどが、ホリエモンとの類似性として指摘されたのでした。
警察に目をつけられて逮捕(物価統制令と銀行法違反)された山崎は、処分保留で釈放されますが、債権の取り立て問題に直面して最後には自殺をします。
一連の事件は、山崎自身の特異なキャラクターも相まって大きく取り上げられ、多くの人々の関心を引くことになりました。
この事件をモデルに三島由紀夫が小説化したのが、掲題の『青の時代』という小説です。

『青の時代』の主人公である川崎誠は、徹底した合理主義を標榜し、自分自身が神となりルールを設定するという支配欲を貫き、金以外のものを信用しないという虚無的な価値観を持つ人物として描かれています。
生活のためにやむを得ず金儲けに手を出したと述べる友人の発言を軽蔑して、「僕の金儲けには目的がないんだからね」と述べるくだり。
貸付利息と借入金利の差額から利益が捻出されるという実質的な信用よりも、派手な宣伝により人目をあざむく信用を重視していたというくだり。
「金は理解し、金が口をきく以外に、人間同士は理解される義務もなく、理解する権利もない、そういうユートピアを僕は空想したんだ」という最後の台詞など。
例を挙げればきりがないほど、ホリエモン騒動を考える上で興味深いことが次から次へと出てきます。

しかし、問題は小説の主人公そのものよりも、なぜ彼のような人物が現れ、脚光を浴びたのかという時代背景にあるはずです。
僕は三島の研究をしているわけではないので詳しくはわかりませんが、小説のタイトルが『青の時代』となっているように、ある種の時代性が背後に存在していることは間違いがないでしょう。
では、ホリエモンが注目を浴びた今を生きる我々は、この類似性からいったい何を学べば良いのでしょうか?

確かに「光クラブ事件」が起きた占領期も、バブル崩壊後の時期と同様に、社会の価値観や秩序が大きく混乱した時期であったのだと思います。
しかし同じ占領期にも、たとえばソニーやホンダなど、今日の日本を代表する企業も創業しているわけです。
後にカリスマと呼ばれるような起業家たちが、次々と起業をしているのです。
我々はホリエモン騒動の教訓として、日本社会の発展に寄与するような企業を応援すべきだということを、もう一度かみ締めるべきではないでしょうか?

人材育成やベンチャー支援などを行う株式会社「グロービス」の代表である堀義人氏は、「社長TV」http://www.shachotv.jp/)というネットコンテンツのなかで、「社会の創造と変革のためのインフラづくり」が経営理念であると発言しています。
確かにアジアNo.1のビジネススクールをつくるという野望も語っていますが、同時に200年後、300年後に残る大学院づくりをしたいとも述べています。
こういう社会にいかに貢献するかという長期的な視点、これこそが我々が本当に求めている社長像なのではないでしょうか?
ホリエモンが釈放されれば、またいろいろと世間を騒がせることになるでしょう。
一方で社長TVには、この他にもさまざまな社長のインタビューが掲載されています。
メディアの一時的な注目に踊らされることなく、どういう社長が世の中を良い方向へ変えてくれるのか見極める参考にしたいですね。
posted by SNR at 19:30| Comment(0) | TrackBack(6) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17109352

この記事へのトラックバック

日替わりコラム-「忘れていたこと」
Excerpt: …2時間経過 やっと終わったよ!!毎週1人でドキドキはらはらしてますよ…。いつ遅
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2006-04-29 03:20

アンケート結果発表ですッ!
Excerpt: アンケートの結果が出ましたので、お知らせいたします。 皆さん一人々々にお礼をいたしたいところですが、ままなりませんので、この場をお借りしてお礼申し上げます。 トラックバックしていただいた方、本当に..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-04-30 01:05

論理性なしに感覚的に物事を捉える危うさについて(耐震偽装事件が教えてくれたこと)
Excerpt: 耐震偽装事件の捜査が終結したと言う記事が新聞に出ていた。 裁判が終わっていないので、もちろんまだ容疑の段階ではあるがどうも事件の全貌は「姉歯元1級建築士一人の問題(犯行)だった」と言うことになるらし..
Weblog: (有)ロジカル・コミュニケーションのブログ
Tracked: 2006-07-08 21:16

【3/3(土)開催!!】社長TV presents:日本を元気にする社長32人による12時間授業
Excerpt: 「生き方に悩んだ時、いったい誰に相談したらいいのか?」 と迷う人が多い中、『社...
Weblog: 社長TVブログ
Tracked: 2007-02-14 18:09

【社長TV】社長が変われば世界も変わる。入場無料!32人の社長イベント 3/3
Excerpt: 大反響の中、改めてのお知らせです。 お誘いあわせの上、御来場ください ◆◇◆◇ ...
Weblog: 社長TVブログ
Tracked: 2007-02-23 17:31


Excerpt: ユートピアユートピア(utopia、理想郷)は、イギリスの思想家トマス・モアが1516年にラテン語で出版した著作、また同書に出てくる国家の名前。「無可有郷」とも。ユートピアは現実には決して存在しない理..
Weblog: 小説耽読倶楽部
Tracked: 2007-07-28 14:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。