2006年03月29日

同意書を書く側の準備も必要ではないか?

「アカウンタビリティ」という言葉が、日本のニュースに登場するようになって、もう何年になるのでしょうか?
この間に、「説明責任」という日本語訳も定着しつつあり、さまざまな場で情報公開を進めるべきだという声が上げられるようになりました。
その流れは政府や企業に対してだけでなく、医療現場など国民生活に密着した場にも向けられるようになり、我々もその渦に巻き込まれつつあります。

さて、久しぶりの記事となりましたが、本日のテーマは富山県射水市民病院の延命治療中止問題です。
助かる見込みがないとみなされる患者に対して、大きな苦痛を伴う延命治療を続けるべきか?
延命治療を行うとすれば、それはどのような手続きで行うべきか?

この問題については横浜地裁の判例があり、@患者や家族の同意が明確に得られていたか、A患者の死期などについての医学的判断が独断で行われていなかったかが、合法性の基準とされています。
もちろん、この2つの基準はしっかり守られるべきでしょう。
しかし、これら基準の中身こそが、もっとも重要であることは言うまでもありません。

最近の医療現場では、治療する側とされる側の対話が重要視され始めています。
どのような治療方法を、どのようなタイミングで行うのか、その理由も含めて治療する側には説明を行う義務があるというわけです。
その際には患者の側も積極的に説明を求めて、必要とあれば別の医療機関からの「セカンド・オピニオン」を求める姿勢が必要となります。

今回のような終末期治療についても同様に、患者とその家族との対話、そして医療機関の情報開示がしっかりと行われるべきだという意見が出ています。
しかし、説明や対話を求めるべき我々の側はどうなのでしょうか?
問題となっている外科部長も「信頼関係は形のないもの。同意書にサインしてくれとは申し訳なくて言えない」と述べているように、延命治療中止という問題に向き合う準備ができているのでしょうか?

もちろん、現在のような医療現場まかせの状態は改善されるべきで、適切なガイドラインや対話の仕組みはつくられるべきです。
日々刻々と変わる病状のなかでも、しっかりと粘り強く話し合う場をつくっていくことが求められるでしょう。
しかし、その時点で患者本人の意思表示がはっきりしない場合が問題です。
こういうケースでこそ、家族間の意見の一致が見られないまま、曖昧なままに医者任せの対応が行われてしまうわけです。

あらかじめ、患者本人のリヴィング・ウィルを残すことができるのか、それがなくても家族が冷静に話し合う態勢をつくることができるのか?
そういう我々日本人の死生観に関わることも、同時に考える必要があるのでしょう。
脳死判定の問題もそうですが、単なる法律や仕組みだけでなく、倫理的問題にも踏み込んだ意識の変革が求められているかもしれません。
posted by SNR at 20:17| Comment(0) | TrackBack(11) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

尊厳死疑惑 外科部長が初めて説明
Excerpt: 尊厳死疑惑:外科部長が初めて説明「自然な死」選択  富山県射水(いみず)市の射水市民病院(麻野井英次院長)で患者7人が人工呼吸器を外されて死亡した問題で、呼吸器外しを指示した外科部長(50)=3..
Weblog: zaraの当方見聞録
Tracked: 2006-03-29 20:30

安楽死の法制化は命の尊厳の自己決定になる
Excerpt: 尊厳死疑惑:外科部長が初めて説明「自然な死」選択 毎日新聞 2006年3月29日 15時00分 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060329k00..
Weblog: 「思弁でしかない」ブログ。
Tracked: 2006-03-30 10:17

「医師は加害者」ですか??射水市民病院での延命措置中止
Excerpt: 近所に病院があって、余り規模は大きくないのですが親切な診療をしてくれますので、
Weblog: HOME★9(ほめく)
Tracked: 2006-03-30 10:33

安楽死は尊厳死なのか(2)
Excerpt: 呼吸器外し 外科部長「別れの時間作ろうと」 延命中止、外科部長「5件は別の医師と話し合って…」 尊厳死の問題「法制化加速を」 超党派議連の幹事長 どうやらこの一件、医師と患者とその家族の問題..
Weblog: Macでロッテりあ
Tracked: 2006-03-30 17:37

医療は万能ではない
Excerpt: 産経新聞から。 ----------------- <B>産経抄</B>  <B>医師と患者の関係は、神と僕(しもべ)のようなものだといった友人がいる</B>。わが身を医師の手に委ね、神の啓示を待つよりほかにない。救急車で運..
Weblog: 夜のパトロール日記
Tracked: 2006-03-30 23:51

医師の判断、家族の判断
Excerpt:  このことが最初に取上げられた時、事の問題の大きさというか、これからの医療や介護にとって難しい判断が絡んでいるので、自分にはちと荷が重いので止めるつもりだったのですが・・
Weblog: ブログ らぷぽ
Tracked: 2006-04-02 11:16

エイプリル・フール オフ開催中
Excerpt: T.N.君宅でしんみりと飲み。 T.N.君「で、どうするよ? UTS?」 素楽「そうっすねぇ。盛上がんないっすねえ。」 T.N.君「うーん、僕ら結構頑張っているつもりなんだけど、空回りしてん..
Weblog: 玄耕庵日乗
Tracked: 2006-04-02 12:11

尊厳死
Excerpt: 「尊厳死くわしく知りたい」協会に問い合わせが殺到 (読売新聞) - goo ニュース 先月25日富山県射水(いみず)市民病院で平成十二年から昨年までに、外科部長の男性外科医(50)に人工呼吸器を取り..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2006-04-02 13:56

日替わりコラム1回目
Excerpt: Under the Sunで日替わりコラムの土曜日担当ということになり、今回はお
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2006-04-08 00:29

日替わりコラム・お題「春」「出発」――「出発は明日を生きるために」(月曜日・華氏451度)
Excerpt: 共通のお題を設けてみようということで、今週は「春」「出発」。前座を務めるのは、月曜担当の華氏451度でございます。これがほんとの、「1周遅れのトップ・ランナー」だなあ。UTSの企画なのでピシッと正座し..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-04-10 01:19

治療費を理由に臓器提供を要請
Excerpt: 引き続き「脳死」・臓器移植を問う市民れんぞく講座からお送りします。 救命困難の判断が、死亡宣告・臓器摘出を正当化しない 自分の子供が「脳死」になった時に、臓器を提供しますか  2001年6月7日..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-05-12 01:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。