2006年03月09日

雄弁・訥弁・詭弁…

民主党の新たな国対委員長に就任したのは、早稲田大学「雄弁会」出身の渡部恒三議員ですが、独特の会津訛りでのおしゃべりは健在のようです。
「なごませ系老人力」などと言われているようですが、自らを「旗本退屈男」と称したり、「国会が終わったら全国漫遊だ」と発言したり、笑いを誘いながら進めていく手法には、ある種の貫禄を感じさせてくれます。

一方で、耐震偽装問題はまた新たな展開です。
今度は札幌を中心に新たな偽装が発覚しました。
「自分の目的に数値が合わないので、信念に基づいて数値を改ざんした。偽装ではない」というのは、浅沼二級建築士の言葉。
しかし、その信念は「自分がもし客の立場であったら買わない」という驚くべきもののようです。
以前、福岡の建築士が「偽装の意図はなかったので、偽装ではない」と言い張ったこともありましたね。
耐震基準という論理そのものが揺らいでいることも問題ですが、「詭弁」もここまでくるとあきれ果ててしまいますね。

ここまで「雄弁」「詭弁」という言葉を使ってきましたが、日本語には「訥弁(とつべん)」という言葉があるのをご存知でしょうか?
「訥弁」とは、「つかえたりして、なめらかでないへたなしゃべり方」という意味ですが、これは日本では必ずしも否定的な意味ではなく、「訥弁だが真心のこもった挨拶」などというように使われることもあります。
まさに渡部恒三議員の話しぶりは、この「訥弁」に当てはまると言えるでしょう。

そもそも明治維新に日本が欧米から輸入したもののうちで、「演説」という概念ほど身につかなかったものはないと言えるかもしれません。
もともと、日本では不特定多数の人間を「雄弁」に説得するという伝統が薄かったと言われています。
「沈黙は金、雄弁は銀」と言われるように、言葉を尽くしても所詮は「詭弁」に過ぎないものとなるか、あるいは「訥弁」で人情に訴えるということが多かったのではないでしょうか。
この結果、欧米的伝統では雄弁な論争を行うべき政治の世界でも、舞台裏の談合でものごとが決まっていくのが常態となってしまったのでしょう。

渡部恒三議員の「訥弁」も良いのですが、やっぱり単なる「情の世界」ではなく、しっかりとした「論理の世界」で政治を見せてほしいですね。
一方で、「耐震基準の論理」が引っ込んで、「詭弁」がまかり通るのも困ってしまいます。
「二大政党制」や「説明責任」という言葉が虚しく踊る背景には、我々日本人のことばに対する接し方があることを考える時期に来ているのでしょうか。
そのためには真の「雄弁」を育てる努力が必要とされているかもしれません。
posted by SNR at 22:29| Comment(4) | TrackBack(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主党にはがんばってもらわないと、55年体制の社会党が政権をとれず、自民党が長期「独裁」政権を保った弊害が、またくりかえされそうで、怖いです。
民主党は、旧新進党(自民党出身者でもかなり金に汚い連中)から旧社会党右派まで、もう混在の混沌政党です。それでも政権を取ろうと、数の力で寄り集まった筈なのに、結局数も減って、政権も取れそうに無い事が、バラバラ出てきてしまっています。困ったものです。
本当に、二大政党制は実現するのでしょうか?また、二大政党制が、本当に国民のためになるのでしょうか?疑問は増え、民主党の愚かな面ばかりが強調される今日この頃ですね。
Posted by エクサ at 2006年03月10日 00:59
エクサさん、いつもコメントありがとうございます。
昨年の衆院選で、数の求心力が失われてしまった感は否めませんね。一方で、千葉7区で行われる補欠選挙では、自民党の公募に220人もの応募者が殺到したそうです。これまた現金な話ですね。権力の趨勢に引き寄せられることを否定するつもりはりませんが、それなりの価値観や筋を通すということを、政治家にも有権者にも期待したいですね。あまりに簡単に幻滅したり、乗り換えたりするのは、いかがなものかという気もします。もちろん、民主党にはしっかりと正すべきところは正していただかないといけませんが…。
Posted by SNR at 2006年03月10日 11:20
「雄弁」と「雄筆」こそが、社会の原動力でしょう。「雄弁」と「雄筆」に取り組まず、不作為を正当化するような企業人としての日々を、子供の頃は誰しも望んでいなかった。。。

少年時代の瑞々しい感性を取り戻そう。
Posted by まなくん at 2006年03月10日 13:56
まなくんさん、いつもコメントありがとうございます。
いきなり、子供のころの思い出ですかあ。「不作為を正当化する」云々は、敢えて突っ込まないでおきましょう。みんな瑞々しさを取り戻しましょうね。
Posted by SNR at 2006年03月10日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14539702

この記事へのトラックバック

永田メールの後遺症は深刻!
Excerpt: 民主党永田メール問題は長く尾を引きそうだ。 永田議員と民主党は全面的に非を認め、民主党としての処分を決定し、かつ至る所で謝罪しているが、それでけじめがついたとは思えない。 その理由の一つは、説明責..
Weblog: エヌのブログ
Tracked: 2006-03-09 23:53

構造計算書偽造の浅沼良一氏が会見したが
Excerpt: 耐震壁に自信、信念もって数値置き換え…浅沼建築士  札幌市のマンション耐震強度偽装問題で、計33棟の偽装を認めた浅沼良一・2級建築士(47)は7日、札幌市役所で記者会見し、「耐震強度を強くするた..
Weblog: zaraの当方見聞録
Tracked: 2006-03-10 11:42

千葉7区補欠選挙
Excerpt:  松本和巳前衆議院議員の辞職に伴い、4月23日に投開票が行われる千葉7区の補欠選挙で、自民党が候補者を公募したところ何と240人もの応募が来たらしい。こんな大量人数になったのは勿論先の永田議員の偽メー..
Weblog: woody経済新聞
Tracked: 2006-03-10 21:13

千葉7区補欠選挙
Excerpt:  松本和巳前衆議院議員の辞職に伴い、4月23日に投開票が行われる千葉7区の補欠選挙で、自民党が候補者を公募したところ何と240人もの応募が来たらしい。こんな大量人数になったのは勿論先の永田議員の偽メー..
Weblog: woody経済新聞
Tracked: 2006-03-10 21:14

建築士の存在が危うい
Excerpt: 昨今、建築士云々のニュースが多い。 当然そのキッカケとなったのは、姉歯元一級建築士によるホテル・マンションの耐震偽装問題である。 そして更に、昨日は札幌で浅沼良一・ニ級建築士による耐震偽装問題、今..
Weblog: ごんぞ??の『楽歩快走』な日々
Tracked: 2006-03-11 04:35

毎日のエントリーを始めたいです(3/10)
Excerpt:  皆さんもご存知かと思いますが、先日玄耕庵日乗さんと第3回合宿を行いました。そこで、こんなUnder the Sun面白いんじゃないかなというアイディアをいくつか出しあいました。そのなかの一つが先日リ..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-03-12 01:30

マンション耐震データ偽造問題
Excerpt: 札幌市のマンションの耐震データ偽造問題で、改ざんを認めた浅沼良一2級建築士(47)に構造計算業務を発注していた札幌市内の元請け5社のうちの1社の設計事務所社長が8日、毎日新聞の取材に対し「04年末まで..
Weblog: シェオルの下嬢と呼んでv
Tracked: 2006-03-22 16:47

衆院千葉7区補選告示 小沢対小泉
Excerpt: 衆院千葉7区補選が告示され選挙戦がスタートです。 自民党が圧倒的有利で民主党は選挙にならないといわれていたのが、 小沢新代表となって風向きが変わってきたような気がします 官さんは民主党は一枚..
Weblog: Bitcafe blog
Tracked: 2006-04-14 22:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。