2006年03月06日

SNR通信 その4

みなさん、お元気ですか?
3月に入り、昼間はだいぶ温かくなってきましたね。
「春眠暁を覚えず」とよく言いますが、暁どころかこの時間になっても、ぼんやりとまどろんでしまう今日この頃であります。

さて、このまま放っておくと、いつまでも「ほんやりした文章」を書き連ねてしまいそうなので、気合いを入れなおしてランキングへと移りましょう。
今回の対象は、1月22日公開の「構造改革が虚業では困ります!」から、2月24日アップの「明らかになった政権担当能力?」までです。
ランキング方式は、これまでと同様に公開日から1週間の累積ページビュー数としております。
ではさっそく、気になるベスト5です!

1位 野党が劇場型を狙ってどうするのか?
2位 明らかになった政権担当能力?
3位 大荒れ通常国会は国民を幸せにするのか?
4位 「ただのチョコレート屋」のまなざしで
5位 あらためてプロとは何かを問う

今回は1位、2位ともに例の民主党・永田議員による「メール問題」となりました。
1位の「野党が劇場型を狙ってどうするのか?」が343ページビュー、2位の「明らかになった政権担当能力?」が233ページビューで、3位以下を大きく引き離してしまいました。
それにしても、この2週間はずっとこの話題でもちきりでしたね。
他の方のブログでも連日この話題を取り上げており、民主党から見れば問題を長引かせれば長引かすほど、自分たちのイメージをどんどん下げていくという悪循環でしたね。
露骨な民主党批判を展開するブログが多いなかで、当ブログはたとえ数の上で劣勢であったとしても、野党第1党である民主党が果たすべき役割は大きいとの視点から議論を展開しました。
この声が少しでも民主党に届いてくれれば良いのですが…。

3位の「大荒れ通常国会は国民を幸せにするのか?」はBLT4点セットと言われるなかで書いたもので、国会が大荒れになって本当に大切な問題が議論されずということにならないように警鐘を鳴らしたものでした。
皮肉にもこの予想は、4点セットではなく「メール問題」で当たることになってしまったようです。
最新の記事「民主党は坂の上に何を見ていたのか?」にも書きましたが、予算はいつの間にか衆議院を通過してしまいましたね。

4位の「『ただのチョコレート屋』のまなざしで」は、なかなかメダルがとれないトリノオリンピックについて書いたものです。
今回の対象となる記事のなかでも、もっとも気に入っているもののひとつです。
どうしても政治系のテーマが上位を占めることが多いなかで、僕個人としては嬉しい上位入賞です。
4位というところが、メダル一歩手前の多かったオリンピックを象徴しているのかな、なんて考えてしまいますけれど…。

5位の「あらためてプロとは何かを問う」は耐震設計偽装について取り上げたものでしたが、やはり政治系のテーマに関心が集まるようですね。
6位以下も政治系のテーマが続き、僕のお気に入り「『記憶を失った街』は『こころを失った街』?」は11位という結果に終わりました。
「表参道ヒルズ」のオープンに合わせて書いたもので、私たちの「記憶とこころ」が刻み込まれた街づくりを大切にしようという内容でした。
「表参道ヒルズ」にすでに行った方も、まだ行っていないという方も、政治系テーマだけでなくご賞味いただけると嬉しいです。

さて最後になってしまいましたが、おかげさまでこのブログも訪問客数が1万5千人を突破。
ページビューでも、まもなく5万の大台に乗る予定です。
次回、このコーナーでお会いするのは桜の季節でしょうか?
行楽シーズンも近づいてきましたが、これからも引き続き「SNRブログ」をよろしくお願いいたします。
posted by SNR at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。