2006年02月24日

明らかになった政権担当能力?

さまざまな重要ニュースを押しのけて世間を騒がせた「堀江メール」問題ですが、当の永田議員は静養と称して入院をしてしまいました。
一方で民主党の前原代表は、永田議員は辞職する必要がない、メールの信憑性についても偽者であるとは思っていないと発言したようです。
民主党幹部が主張しているように、メールの真贋よりも武部幹事長とライブドアの関係をめぐる疑惑を明らかにすることの方が大切だと思います。
しかし、それはあくまでもきっちりと自分たちの責任をとってからであることは言うまでもありません。
まずなされるべきことは、自分たちに降りかかってきた火の粉を振り払って、きっちり始末をつけることだと思います。

永田議員の入院と同じ日、伊藤公介元国土庁長官の政治倫理審査会が開かれました。
耐震偽装事件発覚の2日前に、小嶋社長と国土交通省幹部の面会を取り持ったことなどを含め、口利きや金銭授受があったのではないかという疑惑についての政倫審です。
疑惑の解明とはほど遠い内容のものでしたが、自民党からは早くも幕引きの声が上がっているといいます。
昨年末から民主党が追及を続けてきたこの問題についての報道は、メール騒動の前に明らかに小さな扱いに終わってしまいました。
このまま逃げ切り勝ちとなってしまうのでしょうか?

この2つの問題の背後には、政治家の「危機管理能力」という問題が大きく影を落としているように思います。
伊藤公介元国土庁長官の逃げ方は誠実さとはほど遠いものであり、お世辞にも誉められたものではありません。
しかし「危機管理能力」という観点から民主党の対応と比較したとき、自民党議員たちの能力の方が格段上だなと感じてしまう人は多いのではないでしょうか?
というのも、危機管理能力が自らの置かれた立場に対する合理的な計算に基づくものである以上、単純な誠実さとは相容れない部分があるからです。

今回の騒動を見て、2年以上前に起こった民主党の古賀潤一郎元議員による学歴詐称事件を思い出してしまいました。
あのときも自分に降りかかった火の粉を払うことができず、民主党の側も処分に手間取り大きく評価を下げました。
自分の身に降りかかった危機管理もできずに、内政・外交のさまざまな危機に対処することなどできるのだろうかと感じたのを思い出します。
あれから2年が経ち、一昨年の参議院選挙で躍進した民主党は、昨年の総選挙で惨敗を喫しました。
新たなスタートを切った前原民主党は、対案路線を掲げて国会論戦を挑むはずでした。
民主党はあのときから何も変わっていないのではないでしょうか?

日本でなぜ政権交代が起こらないのかについては、いろいろな議論があります。
これからの政権政党に政策立案能力が求められることは間違いないでしょうが、政権交代への最大の障壁は「危機管理能力」にあるのではないでしょうか?
ちらちらと垣間見える野党の危機管理能力不足も、有権者が選択を渋る大きな要因のひとつなのではないでしょうか?
「安全国会」を掲げる前に、民主党には自らの危機管理を徹底できるような政党に生まれ変わってもらいたいものです。
posted by SNR at 21:52| Comment(5) | TrackBack(20) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その「危機管理能力」が、国民をダシにしたモノか否か、という点から捉えると、自民より民主の方が、
「危機管理能力が低い分、国民が痛まない」
という意味で、マシという説も有ったり無かったり…
Posted by 滑稽本 at 2006年02月25日 20:39
滑稽本さん、コメントありがとうございます。
国民が痛むのは困りますね。政権交代できる健全な野党が育たないことも、長期的には国民を痛めそうですけどね。
Posted by SNR at 2006年02月27日 11:25
民主党に期待したいのは「人への感性」。マネジメントの大前提ですね、コレ。
誰を信用すべきか、誰を叱責すべきか、誰を盛り上げるべきか、誰を支援するべきか・・・。
政権を担うべき政党としての、広い意味でのセンスが問われているのです。
Posted by まなけん at 2006年02月27日 12:56
まなけんさん、いつもコメントありがとうございます。
どうやら、永田議員の会見は明日になったようですが、本当に「センス」が問われてますね。個人的にはこれからの建て直しに期待したいのですが…。
Posted by SNR at 2006年02月27日 13:40
永田議員。東京帝国大学工学部卒、大蔵省の役人になる。
役人のレベルはなぜこんなにも低いのでしょう?ブログをやってる人なら殆どだれでも、あのようなメールは簡単につくれることを知ってます。それを単純に信じるとは、やはり役人らしく、書かれた物を絶対のものとして信じる傾向があるのでしょう。

ところで、日経にでてましたが、先進国で年金をもらうのに25年も収めないと駄目な国は日本だけです。議員年金はその意味でグローバル標準を先取りしています。大日本帝国臣民が、要求すべきは議員年金の廃止ではなく、全国民の年金レベルを議員年金に合わせることです。財源は大日本帝国が保有している米国債90兆円を売って円転して当てればよいのです。どうせ、また、円高に持ってゆかれて半分以上減価する運命の米国債なのですから。1985年のプラザ合意でも、まんまと米国にしてやられ、これまでに既に80兆円を失ってしまったのである。
これでは、ボロ長屋に住んで通帳に一億円溜めたまま、あの世にいってしまうお婆さんと、役人の頭のなかは一緒ということである。
Posted by 恩田川 鴨次郎 at 2006年03月04日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

前原民主党は「死に体」、これは必然の結末。
Excerpt: これで前原民主党の「死に体」が確認された。 メール騒動で議員辞職を党執行部に伝えた永田議員に対して、執行部は休養が必要と判断し、決着を先送りしたのだ。 しかも先送の理由は、永田氏が辞職するとメール..
Weblog: エヌのブログ
Tracked: 2006-02-24 23:19

《ライブドアのプチ株主の一言 その176》
Excerpt: 平松社長が堀江氏に『大馬鹿野郎』
Weblog: ★☆どんちゃんのプチギャンブラー☆★
Tracked: 2006-02-24 23:45

永田議員電子メール問題
Excerpt:  昨日、民主党の永田寿康議員が自民党にとてつもない爆弾を投げつけた。ライブドア前社長の堀江貴文被告が武部勤自民党幹事長の次男に選挙コンサルティング料を振り込むように指示したメールを、永田議員が衆議院予..
Weblog: woody経済新聞
Tracked: 2006-02-25 10:43

前原・民主党代表の発言にはアキレルだけです。
Excerpt: 前原・民主代表、永田議員を当面慰留 (読売新聞) - 2月24日14時3分更新 民主党の前原代表は24日朝、ライブドア前社長の堀江貴文被告が武部自民党幹事長の二男への送金を電子メールで指示したと指摘..
Weblog: スポーツ・芸能にほどよい独り言BLOG
Tracked: 2006-02-25 20:24

永田議員の辞職慰留と、民主党の存在価値
Excerpt: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 前原・民主代表、永田議員を当面慰留という記事が出ていました。 先に断っておきますが、私自身は反自民党の立場です。 自民党のすることすべてを否定しているわけでは..
Weblog: Field Isle
Tracked: 2006-02-25 20:33

民主の負けは負けとして
Excerpt: そういえば、「大政翼賛会」ができる前に、「大正デモクラシー」という奴があった、くらいの事は小学校でもやっていたと記憶しているんだけれども、結局これも軍部云々以前に自滅した、という経緯があったような。 ..
Weblog: 滑稽本
Tracked: 2006-02-25 20:37

民主党は頭の弱い子の集まりでしょうか?
Excerpt: 「永田議員はこれより休養に入りまふ」だそうです。なんだかワシにはさっぱり意味が分からんのですが・・・といいますか、この「休養」ってのは食べたらおいすぃものでつか?前原代表、教養に乏しいワシにも分かるよ..
Weblog: チョ〜頑固オヤヂの館
Tracked: 2006-02-25 20:50

挙句の果てに入院!?永田議員 無責任政党になった民主党
Excerpt: もう、断言してもいいかもしれない。 民主党はやはり無責任政党になったようだ! 永田議員は入院したとい
Weblog: 検索EN人
Tracked: 2006-02-25 21:01

「民主が間違いで自民が正しいという風潮になるのは避けるべき」
Excerpt:  見失ってはいけない。問題は武部と堀江の癒着、引いては自民党と堀江の癒着である。その意味で、民主党、いや永田議員は本当にいらんことをしました。追求する資格を失いました。余程の特ダネがないと汚名返上は厳..
Weblog: 因果応報な日々
Tracked: 2006-02-25 21:13

民主党の責任は免れない
Excerpt: ここは経済記事のBlogなので、あまり政治的なことは書かずに、 さらりと流したかったけれど、 民主党を見ていると、もう一言だけ書きたくなった。 例の「堀江メール」に関して、 民主党は現在証..
Weblog: robasanの貧乏話
Tracked: 2006-02-26 00:05

永田入院。前原、野田、鳩山は自己欺瞞ショー続行。
Excerpt: 民主「永田進退」先送り…「休養」扱いで入院 (2006年2月24日0時58分 読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060223it15...
Weblog: ぶつぶつ独り言を言う。
Tracked: 2006-02-26 10:21

民主執行部の責任問題は避けられない
Excerpt:  自民党の武部幹事長は前原民主代表の「巨大な闇」発言に対し、「まだ恥の上塗りをしようとしている。悪質な政治的風説の流布だ」と批判したそうだ。民主党がこの問題に対する新たな材料はないことを見透かしたよう..
Weblog: ニュースIT羅針盤−−ネットビジネスの覇者を追え
Tracked: 2006-02-26 20:14

民主党・永田氏の勇み足、ほか
Excerpt: 民主党・永田衆院議員による「送金指示メール」の信ぴょう性をめぐって紛糾していた衆院予算委員会だが、どうやら永田氏が「ガセ」を掴まされていたらしい事になり、事態は収束しつつある。 まあ、自民党の槍玉に..
Weblog: オギノフの前頭葉
Tracked: 2006-02-26 21:08

堀江メール問題で民主党は瀕死状態?
Excerpt: 今朝のTVの討論番組は揃って「堀江メールの真贋に揺れる民主党」を取り上げました。この問題の民主党の対応の拙さを槍玉に上げ、どの番組も民主党をボコボコに叩きまくっていたような印象です。 今国会は「耐震..
Weblog: 斜46°
Tracked: 2006-02-26 22:22

民主党の迷走と自民党の増長
Excerpt: <堀江メール>政府・与党の民主党批判が加速  「送金メール」問題をめぐり、民主党の永田寿康(ひさやす)衆院議員の議員辞職が先送りされたことを受けて、政府・与党の民主党批判が加速した。自民党は24日の..
Weblog: S氏の時事問題
Tracked: 2006-02-27 17:22

野党の力量
Excerpt: 政権を握るのに力量がいるのは当然だが、「野党」という立場にもそれなりの力量がいる。 いわゆる「堀江メール」の信憑性はかなり怪しい、と言わざるを得ないが、一週間たってもまったく新事実は出てこなかった。..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2006-02-27 18:15

永田議員の謝罪だけでは済まされない堀江メール問題
Excerpt:  あまりにもお粗末ではないだろうか。堀江メール問題に端を発した民主党の対応である。  まず、永田議員がこの問題を取り上げたこと。社長のメール一本で3000万円もの大金を出金できる会社は少なくても..
Weblog: ニュースIT羅針盤−−ネットビジネスの覇者を追え
Tracked: 2006-02-27 18:59

民主、送金メール問題で永田氏謝罪へ・執行部、近く処分
Excerpt: ライブドア前社長の堀江貴文容疑者から自民党の武部勤幹事長の二男への送金を指示したとされる電子メール問題で、民主党の永田寿康衆院議員は28日午後に国会内で記者会見し、確証もなく疑惑を提起したとして武部氏..
Weblog: 不細工な不ログ
Tracked: 2006-02-28 15:34

前原代表は辞任せず・永田氏の謝罪、野田氏の辞任では信頼回復できない
Excerpt:  民主党は永田議員の謝罪会見を開き、同議員が武部自民幹事長と二男に謝罪、会見後、同席した野田国会対策委員長が辞任した。前原代表は会見には姿を現さず、自身は辞任はしないようである。日本の将来を考えるとき..
Weblog: ニュースIT羅針盤−−ネットビジネスの覇者を追え
Tracked: 2006-02-28 17:38

それはないよ民主党
Excerpt: 民主党の前原代表に対し、14日の党常任幹事会で、永田寿康衆院議員の進退をめぐる発言などこのところの言動をめぐって、批判や異論が噴出した。前原氏ら執行部は弁明に追われ、メール問題を機に求心力が低下する前..
Weblog: 不細工な不ログ
Tracked: 2006-03-16 03:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。