2006年02月17日

おカネの話題でしか盛り上がれない軽い国会なのか?

民主党の永田寿康議員による爆弾発言が物議を醸していますね。
ホリエモンが自民党武部幹事長の二男におカネを振り込むように指示した社内メールが、あるとかないとか。
もちろん事実関係の解明は行われるべきですが、果たしてこれは国会でいま議論されるべき大事な問題なのでしょうか?

「くどいようですが現代日本は軽い国家です。これを正視しなければいかなる議論もカラブリだと思います。たとえば、権力といっても権力ではない。自民党だって、握っているのはせいぜい利権というべきものといえるほどのものであって、権力ではない」

以前アップした「軽い国家の重い病?」の繰り返しになりますが、これは司馬遼太郎が35年以上前に書いた「日本史から見た国家」のなかの一節です。
「日本という国家にあるのは、せいぜい利権だけだ」というのは、今もあまり変わっていない現実なのではないでしょうか?
事件化した防衛施設庁の官製談合だけでなく、特殊法人への天下りは2万人を超えているといいます。
採算性だけでなく安全性まで疑問視されていたはずの神戸空港が開港しました。
BSE問題の自民党調査団がわざわざ同じ施設を調査しに行った目的は、民主党の主張をつぶすことだったようです。
そして、今回の「ホリエモン・メール」問題です。

ここ最近の政治はいったい誰の方を見て行っているのでしょうか?
おそらく政治家のみなさんは、みんな一様に「国民の方を見ている」と主張するでしょうが、いちばん大事なことは「国民によって構成される国家」を見て政治を行うことなのではないでしょうか?
上に挙げたようなことは、一部の利権のために行っていることとしか思えません。

「軽い国家どころか、国家という体をなしているかどうかわからない。…単に税金をとるだけの機関という感じの国家というものでしかないのではないか。ここにはきわめてたくさんの自由があるけれども、義務というものはほとんど銭金だけで済まされている。つまり税金だけでなりたっている国家になってしまった」

「銭金だけの軽い国家」」とは、単に税金をとられる国民の意識だけではないようです。
政治家や官僚だけでなく、最近は社会を揺るがすニュースすらも、おカネが絡むものがあまりに多いような気がしてなりません。
日本で国家や市民意識がしっかりと芽生える可能性については、司馬遼太郎も実は悲観的な見方をしています。
再び戦争でも起こらない限り、地方や企業を越えるような帰属意識にとどまるのではないかと考えています。

しかし、あれから35年の歳月が過ぎて、日本でもようやく「国家とは何か?」とか「市民社会とは何か?」という議論が芽生えて始めていると思います。
国会議員が利権やおカネの問題しか興味がないのであれば、次の選挙で「本当に国家のことを考えている議員」に投票すれば良いわけです。
トリノオリンピックの影で、「軽い国会」が行われていることも忘れてはならないのでしょうか?
posted by SNR at 19:56| Comment(4) | TrackBack(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また、民主・自民の足の引っ張り合いになるのが、目に見えますね(ーー;)
おんなじことの繰り返しに、さすがに飽きます。最近、小泉さんも、なんとなく新鮮味がなくなって、すっかり変人じゃなくなっちゃった感じがします。
Posted by とことこママ at 2006年02月17日 22:51
とことこママさん、コメントありがとうございます。
週が明けてみて、ますますひどい状況になってますね。この騒動がいったい何を生み出すのかというと、何もなくむしろ時間のムダとなるような気がするのですが。
Posted by SNR at 2006年02月20日 13:40
TBありがとうございます。

おっしゃるとおりで、
堀江メールの事実関係の解明を望みますが、
それよりもっと大切なことがあると思います。

やっちも無いこと(私にはそう見えます。)に
無駄な時間を費やすよりは、
本当に「これから」を考えて、
いろいろと審議してもらいたいものです。

私たちも、
ワイドショー的なニュースに踊らされるだけでなく、
物事の本質を考える努力が必要だと思います。
Posted by ミスターポポ at 2006年02月20日 22:23
ミスターポポさん、コメントありがとうございます。
今朝の番組では、自民党の平沢議員が出てきて、堀江メールの元ネタを公開していましてガセである疑いが強いなどと言っていましたが、ガセメールをつくれるならば、同じように自民党側も作成できるではないかと思ってしまいますね。まあ、そんなことは良いのです。明日の党首討論で、民主党がしっかりとしたカードを切るかどうかではなく、普通の委員会でしっかりと議論をしてくれるのかどうかを見たいと思います。
Posted by SNR at 2006年02月21日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[衆院予算委]堀江被告、武部氏二男に3000万円振り込むメール
Excerpt:  民主党の永田寿康衆院議員が16日午前の衆院予算委員会で、昨年の衆院選に出馬した...
Weblog: 芸能情報局
Tracked: 2006-02-17 20:24

「堀江メール」は偽物 民主幹部が認める きょうにも新証拠
Excerpt: 民主党は二十日夜、ライブドア前社長の堀江貴文被告が自民党の武部勤幹事長の二男に資金提供するようメールで指示したとされる疑惑をめぐり、同党が公表したメールがニセ物だったことを事実上認めた。同党幹部は「メ..
Weblog: 不細工な不ログ
Tracked: 2006-02-22 23:22

民主・永田議員がメール問題で辞意
Excerpt:  民主党の永田寿康衆院議員(36)(比例南関東ブロック)は23日、ライブドア前社長の堀江貴文被告が武部自民党幹事長の二男への送金を電子メールで指示したと指摘した問題に関連し、「党に迷惑をかけた。責任を..
Weblog: 不細工な不ログ
Tracked: 2006-02-23 18:38

ホリエメールは自作自演?
Excerpt: 民主党は26日までに“送金指示メール”の送受信者がライブドア前社長の堀江貴文容疑者(33)ではなく、永田寿康衆院議員(36)に持ち込んだ「フリー記者」であることを突き止めた。このため鳩山由紀夫幹事長(..
Weblog: 不細工な不ログ
Tracked: 2006-02-27 13:19

民主、送金メール問題で永田氏謝罪へ・執行部、近く処分
Excerpt: ライブドア前社長の堀江貴文容疑者から自民党の武部勤幹事長の二男への送金を指示したとされる電子メール問題で、民主党の永田寿康衆院議員は28日午後に国会内で記者会見し、確証もなく疑惑を提起したとして武部氏..
Weblog: 不細工な不ログ
Tracked: 2006-02-28 15:43

????????????????羂?筝糸?
Excerpt: 羂?筝糸??????????篁h;??????????鐚?鐚???ャ????絽娯算綛剛??篌???с??羂悟?医?綺決????∵O??<???臥????????????????肴???????????..
Weblog: 筝?膣医轡????????
Tracked: 2006-03-16 03:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。