2006年01月27日

SNR通信 その3

みなさん、お元気ですか?
今年第1弾の「SNR通信」です。
年明け早々、ライブドア・ショックやBSE問題など、大きな事件が相次いで起こっていますね。
早速、気になるランキングに行ってみましょうか。

今回の対象となる記事は、昨年12月23日にアップした「SNRが斬る今年の重大ニュース!ライブドア:ホリエモンは日本人なのか?」から、1月20日にアップした「ホリエモン再評価とその功罪」までです。
偶然ですがどちらの記事も、いま話題のホリエモンについて書いたものですね。
いったい何位にランキングされているでしょうか?
みなさんが気になる記事のページビューは、どうなっているでしょうか?
さっそく、気になるベスト5を出してみましょう!

1位 SNRが斬る今年の重大ニュース!相次ぐ詐欺事件:『信』無くして立てるのか?
2位 命や生活に関する問題を忘れてしまったのですか?
3位 ホリエモン再評価とその功罪
4位 大人は数字が好きで困ります!
5位 すべてが後の祭り…

今回の1位は詐欺事件を扱った「SNRが斬る今年の重大ニュース!相次ぐ詐欺事件:『信』無くして立てるのか?」、374ページビューで2位の「命や生活に関する問題を忘れてしまったのですか?」を100ページビュー近く離しての圧勝でありました。
というわけで直接ホリエモンを扱った記事は、「ホリエモン再評価とその功罪」が3位に「SNRが斬る今年の重大ニュース!ライブドア:ホリエモンは日本人なのか?」が圏外の6位に入っただけでありました。

1位となった「SNRが斬る今年の重大ニュース!相次ぐ詐欺事件:『信』無くして立てるのか?」、相次ぐ詐欺事件で日本社会の「信頼」が崩れていることに警鐘を鳴らしているもので、高度な資本取引が行われるためには、「信頼」という社会資本が極めて重要な役割を果たしていることを書いたものでした。
ホリエモンやジェイコム株誤発注にも触れており、詐欺事件を話の入り口にしながら、実はいま批判の的となっている「マネーゲーム」の行き過ぎにも警鐘を鳴らすものだったんですね。
と書くと自画自賛のようですが、読み忘れた方は是非読んでみてくださいね。
ライブドア・ショックが起きた後だからこそ、読んでみると意外と面白いかもしれません。

さて、ライブドア・ショックとは一切関係ない記事では、4位に「大人は数字が好きで困ります!」が、5位に「すべてが後の祭り…」が入りました。
「大人は数字が好きで困ります!」は、もうこのブログの定番(?)となりつつある、サン=テグジュペリの言葉をヒントに書いたもので、何かと「数合わせ」に終始しがちな構造改革に切り込んだものです。
僕としてはサン=テグジュペリのシリーズが上位に来てくれるとかなり嬉しいですね。

そのほかに目立った現象といえば、ヒューザー小嶋社長の証人喚問が開かれた1月17日に、前回の証人喚問が行われる前日に書いた「国会証人喚問に茶番劇は必要ないですから!」にアクセスが殺到したことです。
1日で200ページビューというのは、もちろん新記録でした。
ただ、アクセスしていただいたみなさんのなかには、おそらく前回の証人喚問の記事だったことに腹を立てた方もいらっしゃったと思います。
そんなこともあろうかと思って、僕としては追記として新しい記事へのリンクもつけておいたのですが…。
そんなの気がつかなかったという方々、大変申し訳ありませんでした。

さて最後になってしまいましたが、貴重なコメントを下さったみなさん、本当にありがとうございました。
いただいたコメントには必ず僕のコメントをつけるようにしていますが、なかなか深く掘り下げられないのが現状です。
というわけで、近いうちに一度「SNRコメント感謝祭」というような形で、みなさんのコメントを総括する記事も書きたいなと思っています。
では、寒い日が続きますが、みなさんお体に気をつけて、今後ともSNRブログ「after 911」をよろしくお願いいたします。
posted by SNR at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。