2005年12月22日

ゆっくりと急ぐということ

先週土曜日の朝日新聞土曜版beに、
長野県の上田でブドウ農園とワイナリーを営む玉村豊男さんの特集が載っていました。
ワイン専用のブドウ栽培から醸造までを一気に手がける手づくりワイナリーです。

「海外の高級ワインの知識を得るのもいいけど、ブドウ畑に立って風を感じ、見てさわって、それが数年後ワインになって飲む喜びはまた格別です」
玉村さんの言葉がとても深くこころに残りました。

今年の流行語のひとつに、「LOHAS」という言葉が入賞したように、
環境や健康を大事にしながら生活していくライフスタイルが注目を集めていますね。
「スローライフ」なんていう言葉もよく耳にします。

その一方で、みずほ証券の誤発注問題ではわずか16分という短い時間に20億円もの利益を上げた個人投資家が話題になっています。
JR西日本の尼崎脱線事故では、秒単位の運行が電車の運転手に多大な心労を与えていることが判明しました。
地球温暖化の予想以上の進行が、カトリーナなどによる巨大ハリケーンの被害を引き起こしたのではないかなどとも言われています。
ちょっと世の中急ぎすぎじゃないのかな?
こんなふうに感じるニュースが多かったようにも思いますね。
そんなニュースを時間に追われて伝えているマスコミ自身が、「スローライフ」を提唱していることに疑問を感じなくもありません。

「スローライフ」「LOHAS」などを、もっとも取り上げているニュース番組は「ニュース23」だと思います。
そんなわけで、たまには「今日のニュース23は準備が間に合わないので10分遅れで始まります」なんてことになっても、それはそれで楽しいんじゃないかと無責任な僕は思うのですが…。
などと考えていたら、最近知り合いに聞いた話では筑紫キャスターは本番の直前にスタジオ入りするらしいです。

実はかなり以前に、渋谷の某コーヒー屋さんで平日の夜9時半くらいに、トイレの順番を譲ってもらっている筑紫キャスターを目撃したことがありまして、
僕の友達の間では、「筑紫さんのコメント部分は録画じゃないのか?」とか、「筑紫さんには影武者がいるのでは?」なんていう珍説が飛び交っていたんですね。
その(長年の?)謎が解けたことと、日々のニュースに終われながらも「ゆったり感」漂う筑紫さんのイメージに、ついほのぼのしてしまったなんてこともありました。

さて、今日はだいぶ駄文を書き連ねてしまいましたので本題に戻ります。

みなさんもたぶん同じだと思いますが、現代人である以上は誰しも「ただゆったりと生きていくこと」なんてできないでしょう。
同様に、「何が何でも健康」とか「何が何でもエコ」なんていう生き方も、ちょっとこれは難しいんじゃないかなと僕は思ってしまいます。
それでも、どこか頭の片隅にゆとりというものを少々持って、
「相手が人であれ、モノであれ、時間と手間を惜しみなくかけてあげること」
「一日のうちにほんの少しでも、常に10年・20年後の自分の身の回りを思い描いてみること」
こういう生き方こそが、ささやかな「スローライフ」であり、「LOHAS」なんじゃないかなと思うのであります。
まあ、日々継続的に実践するのはなかなか難しいんですけどね。
posted by SNR at 22:21| Comment(9) | TrackBack(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ゆっくりと生きる」って何かのきっかけで、感じることができるのかな、と思います。
 主人は仕事で悩んでいました。がむしゃらにやっても受け入れられない苦しさで。でも、ギックリ腰になって身動きできなくなったときに、ただただ家で寝ていたら、「なんでそんなにあせっていたのかな」と気がついたそうです。
 私も仕事先の人間関係で悩んだとき、とことんまで落ち込んだら、本当に大切な人が分かって、「この人たちがいてくれるから、大丈夫」と思いました。そうしたら、人にどう思われようとか、あれこれ考えず、自分のペースでやれるようになりました。
 そういうことに気がつけるときが、人にはきっとあるんでしょうね。
 そして、そこから『自分ライフ』が過ごせるようになるんじゃないのかな。
Posted by とことこママ at 2005年12月22日 22:54
とことこママさん、いつもコメントありがとうございます。
「自分ライフ」。なかなか面白い言葉ですね。「スローライフ」というと、そのスピードの基準がどこにあるのか疑問ですし、「LOHAS」というと、健康とか持続可能性なんていう絶対的な基準があるようで、ちょっと堅苦しいかなという気がします。というわけで、僕は「自分ライフ」という言葉はけっこう好きですね。健康を害してみて、ゆったりとした視野が持てるというのもよくわかります。
またのコメントお待ちしてます。
Posted by SNR at 2005年12月23日 14:12
はじめまして。
TBありがとうございます。
去年父が他界した時にやり残したことはなかったのかな?と思って自分をみつめなおしたのがきっかけで、無理をせずに自分にできることを続けていく、
慌てず騒がずゆとりのある暮らしをしていこうと思った時に「LOHAS」という言葉に出会いました。
堅苦しいこと書いてますが、好きなことやって、美味しいもの食べて、そんな時にちょっとだけ自分のこと、環境のことなんかを考える。
そんな感じの「LOHAS DAYS」です。
Posted by ken at 2005年12月23日 15:34
トラックバックありがとうございました。
でも、なんで?なんで???です。
ブログの題名に「スローライフ」って付いてるからでしょうか?
それにしても何故あの記事にトラックバックされたのか不思議です。
そんなこと細かく考えちゃいけないんでしょうか(^^;
「スローライフ」と「ロハス」は似ているようで違いますよね。
私は「ロハス」には商売のニオイがして嫌いです。
「自然派」であることを売りにしてるニオイを感じます。
買う側も「ロハス」なものにお金を使って満足しているような。
こんなこと書くと「ロハス」好きな人に嫌われますか?
取り上げる雑誌は商業誌だから「売上」を生む記事になっちゃうせいでしょうか。
まぁ、呼び方なんてどうでもいいことですかね(^^
Posted by 睦月 at 2005年12月23日 18:32
みなさん、コメントありがとうございます。
睦月さん、驚かせてしまってごめんなさい。いろいろな方のご意見を伺ってみたくて、ついついあちらこちらにTBしてしまっています。
実は「スローライフ」とか「LOHAS」とか、よく耳にするわりには、「じゃあ、何だそれは!」っていうと、よくわからないところが多いんですよね。kenさんにしても、睦月さんにしても、いろいろな考え方があるんだなと勉強になっております。
というわけで、これまでも「何でこの記事がTBされたんだ?」と思っている方、たくさんいらっしゃると思います。ホントにすいませんねえ。でも、良かったら記念にコメントしていってくださいね。
Posted by SNR at 2005年12月23日 19:54
こんにちは。
HPは長いのですが、プログに日記を移行して間もない私です。
TBをいただきありがとうございます。
ただ、脳性まひの二次障害でもう「自分を追い込むことを」やめてしまっただけなんですよ。スローライフの意味合いを理解してのことではありません。
高次元の考え持っているわけではありませんが、マイペースで行きたいと思います。
これからもよろしく。
Posted by てっちゃん at 2005年12月25日 23:55
てっちゃんさん、コメントありがとうございます。
みなさんのご意見を伺っていると、マスコミによって流布されている言葉ひとつでも、それぞれの感じ方や実践の仕方があるのだなと改めて思います。社会は多様な個人で成り立っているにもかかわらず、その社会が個人を追い立てたり追い込んだりしていく一方で、「ゆっくり生きてみよう」なんて突然呼びかけて、それがまたひとつのモードとして受け入れられて流行してしまったりします。また、人々も自分で見えない壁をつくったり、見えない糸で自分自身を縛ったりして、自分を追い込んだり傷つけたりしてしまうことがありますね。自分を見失わずに生きていくのも、なかなか大変だなと思いますし、そんななかで自分が社会のために何ができるのかなと考えてしまうこともあります。
ちょっと支離滅裂なコメントですが、現時点での僕の感想です。みなさんのご意見伺えて良かったです。
てっちゃんさん、寒い日が続きますが、お体に気をつけてくださいね。なお、頂いたコメントですが、TBした記事の方へ移動させていただきました。その方が、つながりとしてわかりやすいかなと思いまして。では。
Posted by SNR at 2005年12月26日 01:41
コメント、TBありがとうございました。
「スローライフ」「LOHAS」、考えさせられる記事でした。確かに特急列車に乗せられて、ものすごいスピードで進んでいる感じもしますね。でも一体どこに向かっているんだろうかとも思います。ゆっくり考えてみる必要もある気がしますね。
Posted by みっち at 2005年12月26日 23:31
みっちさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、特急電車がどこへ行くのかも不安ですが、電車が途中で転覆してしまうのではないかという不安もありませんか?特急電車に乗り遅れると、「負け組」ということになってしまいそうですし。ちょうど良い各駅停車はなくなってしまったんですかね?
Posted by SNR at 2005年12月28日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カネと名声が一番重要?
Excerpt: 暖かい思想の成長は、     私にとってはお金以上の価値がある。            by トーマス・ジェファーソン英国で19日、人生で何が最も重要かを子供たちに問う調査結果が公..
Weblog: ココロのカフェ・オフ会日記
Tracked: 2005-12-26 22:48

2005年の年末に思ったこと  ゆっくりいきたい
Excerpt: 今年を振り返ると、ほんとに腹の立つ事ばかり、いやなことが多かった。
Weblog: 人間が人間にとってのオオカミである
Tracked: 2006-01-05 15:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。