2005年11月30日

「見ざる、言わざる、聞かざる」 西村発言が残した課題

民主党の西村真悟衆議院議員が逮捕されました。
弁護士名義貸しの容疑です。
もちろん、あってはならないことです。
法務に携わる弁護士として、法律をつくる立法府の国会議員として、
断じて許されるべき問題ではありません。

それはそれとして、今回はちょっと視点が違います。
西村議員と言えば、防衛政務次官時代に核武装発言で物議を醸した人です。
今回の報道でも各メディアが「タカ派で、問題発言を繰り返していた議員」という形で取り上げています。

でも、それってちょっとどうかなと思ってしまうのです。
確かに西村議員の発言には眉をひそめるような内容が少なくありませんでした。
彼の発言には賛成できないものが多かったのも事実です。

でも、何もかも十把ひとからげにしてしまっていいのでしょうか?
「日本も核武装した方がいいかも」という発言はひとつの典型例です。
ちなみに個人的には日本の核武装に賛成できません。
その政治的信条の是非はともかく、タブーにチャレンジした姿勢は評価されてもいいのではないかと思うのです。

僕自身は核武装しないで済むのであれば、それにこしたことはないと思っています。
しかし、日本がアメリカの核の傘の下にいるのは事実なのです。
そして、「お互いに核武装すれば抑止力が働く」という議論が、世界ではまだまだ通用するものであるのもまた事実なのです。
少なくとも「自衛隊の活動する地域は非戦闘地域」なんていう発言に比べれば、論理的な筋は通ってますよ。

「見ざる、言わざる、聞かざる」
ひとりの政治家の発言よりも、こちらの方が問題にされるべきだと思うのです。

西村発言から6年。
日本の中にあるタブーはどれだけ解消されたのでしょうか?
いやいや、むしろタブーは増えていってしまっているのでしょうか?

タブーとして問題を押し込めてしまっても問題がなくなるわけではありません。
むしろ不健全な空気が高まってしまうことすらあります。
昨日、今日と国会ではマンション問題での参考人質疑が行われています。
まだまだ真相は闇の中ですが、
建設業界内の触れてはならないタブーが出てきそうな予感がぷんぷんしますね。
被害に合われた方々には申し訳ないけど、
今回のことを機会にタブーを取り払って、しっかり膿を出してもらいたいものです。
posted by SNR at 21:06| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10019629

この記事へのトラックバック

西村眞悟事件
Excerpt: 『きょうは予定を淡々とこなしていきたいとおもいます。皆さんごくろうさん!』と報道陣に話すと、迎えの黒いクラウンに乗り込む西村議員― 西村眞悟衆院議員(民主党比例近畿ブロック)の法律事務所をめぐる弁護..
Weblog: おれ雑exclusive
Tracked: 2005-12-01 00:28

衆議院
Excerpt: 衆議院衆議院(しゅうぎいん)は、日本の国会を構成する議院の一つ。英訳は
Weblog: 知ってる?
Tracked: 2005-12-06 09:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。