2006年05月18日

日本は世界の最貧国なのか?

バブル崩壊後の長い停滞があったとはいえ、景気回復が軌道に乗りつつある日本に、何てことをいうのか?
こんな意見もあるかとは思いますが、以下のようなマザー・テレサの言葉を聞けば、少しは納得していただけるかもしれません。

ひとりぼっちの寂しさと
誰からも必要とされないという思いは
もっとも恐ろしい貧困である


年間の自殺者が3万人を超えるような国が、果たして本当に豊かな国と言えるのか?
これが本日のテーマだったので、敢えて「最貧国」などという過激なタイトルを使ってみたわけです。
我々はこれまで何度も、「貧困に苦しむ国々で、毎日どれほどの子どもが栄養失調で死んでいくのか」などいう話を聞かされてきました。
「そういう子どもたちもいるのに、なぜ命を大切にしないのだ」と言われて、多くの人が頭ではその意味を理解できると思います。
しかし、それでも我々はこの物質的な豊かさを前に、人と人との絆の大切さを、つい忘れがちになってしまうのです。

確かに、人間は誰しも究極的にはひとりです。
ひとりぼっちで生まれ(双子の方もいらっしゃるでしょうが)、ひとりぼっちで死んでいきます。
だからこそ、本当は人との絆に無限の価値があるのですが、なかなかそのことに気がつけないため、多くの不幸な事態が生じてしまうのでしょう。

こんな話をしていると、ますます悲観的になってしまいそうですが、ちょっと視点を変えて、こんなふうに考えてみてはいかがでしょうか?
「捨てる神あれば拾う神あり」
日本人なら誰もが知っているありきたりな言葉ですが、一神教の国の人々から見たら、ずいぶんといい加減な考え方なのでしょう。
しかし、この言葉には、「たとえ一度失敗しても、それですべてが終わりというわけではない」という大切な価値観が含まれています。

このように考えてみると、日本古来の「八百万(やおよろず)の神(かみ)」という考え方は、現代社会にこそ必要な考え方なのかもしれません。
すでに述べたように、昨年まで7年連続して自殺者は3万人を越えており、「格差社会」などという言葉もすっかり定着してしまった感があります。
でも、一生懸命やって失敗しても、それは失敗ではありません。
そこから前に進まなくなったとき、初めてそれは失敗となるのです。

国会で現在多議中の教育基本法の「愛国心」などという概念よりも、日本社会に古くからある価値観を生かすことの方が、今の日本にとって本当は大切なのかもしれませんね。
posted by SNR at 20:10| Comment(5) | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SNRより御礼

昨年11月17日に公開を始めたこのSNRブログ。
昨日5月17日で無事、公開半年を迎えることができました。
おめでたいですね。
何がおめでたいのか、自分でもさっぱりわかりませんが、とにかくおめでたいような気がします。

さて、冗談はさておき、この間に、このページを訪れた方は2万5643人。
ページビューは8万209PV。
頂いたコメントとTBの総数は752。
この数字もすごいのか、そうでもないのかよくわかりませんが、「多くの方にお世話になり、何とか半年続けることができた」というのが実感です。

最初始めたときには、ブログにしては硬すぎ、コラムにしては砕けすぎたこんな文章をいったい誰が読むのかという思いもありました。
それでも続けてこられたのは、本当にみなさんのアクセスやコメントに支えられたという側面が大きいなとあらためて思います。

あっという間に半年間が過ぎてしまいましたが、これからも、さまざまなジャンルの問題にチャレンジして、他のブログにはない視点から文章を発信していきたいと思っております。
最後にこれまでの、みなさんのご愛読に感謝するとともに、コンテンツのますますの充実を誓いまして、お礼の言葉とさせていただきます。
本当にありがとうございました。
posted by SNR at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。