2006年05月02日

GWだから伝えよう「愛のメッセージ」

いよいよ明日から、GWの後半戦に突入ですね。
すでに9連休の真っ只中だよという人も多いのでしょうか、行き帰りの電車は空いていてなかなか快適です。
でも、やっぱり明日から連休だと考えると嬉しいですね。
大きな旅行に出かける予定はありませんが、日常生活では忘れがちなことでも考えながら、久しぶりにのんびり過ごそうかなと思っています。

さて先日、ある新聞を読んでいたら、社説に『早寝・早起き・朝ごはん』という子どもの教育についての話が載っているのを見つけました。
確かに我々が子どもの頃と比べると、夜更かしをしたり、朝食を食べなかったりする子どもの割合が高まっていて、それは子どものこころや身体の発育に大きな影響を与えており、それが少年少女をめぐる社会問題の背景となっているという側面もあるようです。
だから、GWに家族そろって行楽や外食を楽しむのも良いが、生活のリズムを整える機会とするのも良いのではないか、というのがその社説の主旨でした。

自分自身の生活にリズムをつくり、こころや身体のゆとりを生み出すこと。
これは確かに大事なことですが、それだけでなく子どものうちから愛情とはいったい何なのかを経験させることも、同じくらい大切なことだと思います。
「早寝・早起き・朝ごはん」も大切ですが、そこにどれだけ親や家族の愛情が込められているかも、子どもの成長に大きく影響してくるのではないでしょうか?

「相手に注意を払うこと」「ゆっくり時間をかけること」
とても簡単なことのようですが、これこそが愛情の大きな要素であると僕は考えています。
個人重視の時代のなかで、相手との接触をできる限り抑えた方が良いという考え方を持ってしまうことがしばしばあります。
市場重視の時代のなかで、ゆっくり時間をかけることは損だと考えてしまう傾向が強くなってきています。
確かに核家族化したり、共働きの夫婦が増えたりする一方で、子どもを育てる環境が未整備な点も多く、先日内閣府が発表した国際調査では、子どもを産み育てやすい環境であると答えた人が48%と、日本はずば抜けて最下位でした。

相手に注意を払ったり、時間をかけたりしているヒマなんてないという人も多いかもしれません。
僕も実を言うと、ここで大威張りできるほど大切にできているわけではありません。
でも、それだからこそ相手を見守る視線や時間かけて愛情を育むこころを常に意識しておかなければいけないのではないかと思うのです。

GW前半でもっとも印象が深かったニュースは、やはり横田早紀江さんの下院公聴会での証言でした。
「心身疲れ果てておりますけれども、子どもたちが助けを求めている間は、どんなことがあっても倒れることができません…」
子どもを突然失った親の苦しみ、生存を信じて30年近くも戦い続け、そしてなお世界中の拉致被害者の救済を望む深い愛情。
そういったものがすべて込められた、世界中の人々のこころを大きく動かす愛のメッセージだったのではないでしょうか?

これからGWの連休を楽しむ方の多くは、幸いにも横田夫妻のような悲劇に見舞われてはいないのでしょう。
だからこそ、もし横田さんの証言にこころを動かされたのであれば、身近にいる大切な人々を温かく見守り、時間かけて愛情を育むこころを持ってほしいなと思うわけです。
連休でいろいろなゆとりがあるときにこそ、日常生活のなかで忘れがちなものを思い出してメッセージにして伝えていただきたいのです。

今日は自戒の念を込めた内容になってしまいましたが、みなさん良い休日をお迎えください。
posted by SNR at 19:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。