2006年03月22日

サクラサク:WBCで日本が得たもの

東京の桜の開花に合わせたかのように、WBCで日本代表が初代チャンピオンに輝きました。
僕自身、昨日の決勝戦は7回の表あたりまでしか見ることができず、
移動中に彼女から電話をもらい、日本勝利の結果を教えてもらったのですが、
同じ電車に乗っていた人たちも、次々にメールや電話で連絡が入っていたようで、
「日本が勝ったよ!」という声があちこちで飛び交っていました。

決勝戦の平均視聴率も43.4%にまで達したようです。
サッカー日本代表の試合も盛り上がりますが、野球の代表戦でもこれだけ日本中が盛り上がったことは、大変喜ばしいことですね。

アジアラウンド終了直後に、イチローの変貌ぶりと、日本代表が目指すべきものについて書きました。
日本代表が日本らしい野球をして世界チャンピオンになること、そして日本らしい野球こそが世界標準となり、多くの国の目標となること。
もしかしたら、これがイチローの狙いかもしれない。
こんな提案をしてみましたが、現実はどうだったのでしょうか?

イチロー自身は「正直いって、チャンピンになれるなんてイメージできなかった。…僕の野球人生最高の日です」とインタビューに応じていました。
これはきっとホンネのコメントなのでしょう。
それにしても、日本の野球界が今回の優勝から得たものは何だったのでしょうか?
日本の野球は世界標準となっていくのでしょうか?
なぜ韓国に2回、アメリカに1回負けた日本が優勝なのかという疑問の声もあるでしょう。
しかし、少なくとも決勝戦の9回表、西岡のプッシュバント、イチローのタイムリー、そして川崎のホームへのスライディングに始まった、日本代表の怒涛の攻撃は、まさに日本らしさをしっかりとアピールしたものだったと思います。

間もなくプロ野球のペナントレースが開幕します。
実は、ここからが日本野球の世界標準化を進めて、日本代表の優勝を大きな果実へと変えていく上での正念場だと僕は思っています。

まず何よりも、今回の代表で戦ったメンバーが、日本プロ野球に何を持ち帰るのかという問題があります。
WBCで優勝した経験を生かして、シーズンでも大活躍することこそが、日本中の野球少年に将来の大きな夢を与えることになるからです。

もうひとつは、外国人選手枠の拡大をはかって、今回の大会で活躍したライバルたちを日本のプロ野球へと呼ぶことです。
世界チャンピオンを勝ち取った国のリーグでプレーをして、さらに自分を磨きたいという選手をどんどん受け入れることは、将来の日本代表の発展のためにもなることでしょう。

そして最後に、もっとも重要なのは我々野球ファンが積極的に球場へ足を運ぶことです。なかなかアメリカまで足を運べた人は少ないと思いますが、今回のWBCで活躍した選手たち、しかも各国の代表たちのプレーを目の前で見ること。
これ以上、日本の野球を3年後の大会に向けて盛り上げることはないのでしょうか?

こうした努力を払ってこそ、今回の優勝が真の意味で生かされて、将来、太平洋を越えたワールドシリーズが開催される契機となるのではないでしょうか?
posted by SNR at 18:53| Comment(2) | TrackBack(2) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。