2006年03月07日

WBCで日本代表は何を目指すか?

WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)のアジアラウンドが終了しましたね。
初戦で中国、次いで台湾と、コールド勝ちを収めた日本代表でしたが、最終戦の韓国戦では惜しくも2−3で逆転負けを喫してしまいました。
これでアジアラウンドは2位での突破ということになり、3月12日からスタートする2次リーグ(B組の1位・2位と韓国との総当り)へと駒を進めることになります。
目標に掲げていた「アジアNo.1」としての進出は逃してしまい、世界チャンピオンを目指して不安を抱えての船出となってしまいました。

さて、今回の日本代表チームを見て、おやっと思う点はありませんか?
何が変わったって、イチローがもっとも大きく変わったような気がしませんか?
すでにあちこちで言われているとは思いますが、マスコミ対応もすごく明るくなり、何よりもチームを引っぱっていくぞという意志がとても強く感じられますね。
これまでのような孤高の職人というイメージが大きく変わったような気がします。
メジャーリーグを5年経験して、意識が変わったのではないかなどと言われていますが、本当にそれだけなのでしょうか?
変わったとしたら、どんな意識を持つようになったのでしょうか?

これはもちろん推測ですが、イチローは単なる世界チャンピオンだけでなく、日本野球と世界標準ということを意識して戦っているのではないでしょうか?
しばしば言われているような、望郷の念とはちょっと違うような気がします。
「向こう30年は日本に手は出せない感じで勝ちたい」
この言葉を文字通り受け取れば、圧勝をしたいということです。
しかし、たとえ10対0くらいで完封勝ちを収めたとしても、30年も手を出せないというのはちょっと大げさすぎる気がします。
日本野球が日本らしさを発揮して世界一になること、すなわち日本野球を世界標準にしてしまうことをイチローは目指しているのではないでしょうか?
もしそうであれば、他の国々はいわゆる日本流を自分のものにするまで長い歳月を必要とするようになるわけですから。

この発想は2004年シーズンに年間最多安打のメジャー記録を打ち立てたイチローだからこそのものではないでしょうか?
イチローは海を渡りましたが、自分のプレースタイルをメジャーに合わせて変えるどころか、逆にアメリカ人に自らのスタイルを認めさせてしまったわけです。
そしてもちろん、アメリカで確立されたイチローという個人を鍛えたのは日本野球です。
その日本野球を世界標準にすること、これこそイチローが新たに見つけた挑戦の舞台なのかもしれません。
まあ、あくまでもこれは想像であり、僕の個人的な願望なのかもしれませんけどね。

今までオリンピック等で、足並みばらばらだった日本代表に統一感が出てきているのは事実でしょう。
でも、本当に日本代表が目指しているものは何なのでしょうか?
単なる世界チャンピオンを目指しているのか、それとも世界標準まで視野に入っているのか?
こんな視点で2次リーグ以降のWBCを見てみるのは、いかがでしょうか?
posted by SNR at 10:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。