2006年01月29日

ナベツネさんの正論と限界

読売新聞の渡辺恒雄会長の言論活動が活発になっています。
僕は『論座』に掲載された対談を読んでいませんが、筑紫哲也氏とのテレビ対談は見ました。
主な論点は、ホリエモンに代表されるような市場経済原理主義への警鐘総理の靖国公式参拝への反対であったように思います。

犬猿の仲であった読売と朝日が手を組んだと話題になりましたが、僕から見れば至極全うなことを仰っているなというのが感想です。
特に靖国参拝問題については、なかなか重みと迫力がある発言であると感じました。
80歳の大台を手前にして歴史を知る人間として発言をしなければならないという気迫はもちろんですが、ソ連の日ソ中立条約破棄に伴う侵攻とシベリア抑留について日本人が抗議する資格について述べた点も説得力がありました。
東京裁判には問題点があるかもしれないが、まずは自分たちの身を正してからでなければ、相手の戦争犯罪行為に対しても抗議できない。
まさに正論で、おっしゃるとおりだと思います。

市場経済原理主義に対する警鐘も間違っていないと思います。
行き過ぎた市場原理の信奉はモラルハザードを生み、却って市場全体の信頼を喪失する危険性を孕んでいます。
それだけではありません。
政府が出した統計は因果関係を否定しましたが、富の配分に偏りが生じて貧富の格差を助長する可能性もあります。

しかし、こうした正論が既成勢力の既得権益維持の方便に用いられるとしたら、これを看過することはできません。
「若者は歴史を知らずに靖国参拝を支持している」「マネーゲームに興じる若者がホリエモンを支持した」、だから若い者はダメだというような空気があるのを感じてしまうのは僕だけでしょうか?

「構造改革」「財政再建」「人口減少時代」「格差社会」等々と、ニュースはさまざまなキーワードで溢れていますが、「少子高齢化」の時代だからこそ「世代間の対立」という問題を、もっと真剣に考える必要があると思います。
ホリエモンのような現象が起こった時代背景として、昔からよくある錬金術のマネーゲームと見るのは短絡的ではないでしょうか?
若い世代の強い不満と閉塞感があったことをしっかり認識しなければ、今後も同じようなことが繰り返されるだけではないでしょうか?
プロ野球参入に際して「ボクの知らんヤツはダメだ」と言った彼の真意は分かりませんが、多くの人が新規参入の門戸は閉ざされているのだという印象を持ったことは間違いないと思います。
今回のライブドア・ショックで、若くして成功するためにはやはり法を犯すくらいのことをしないとダメなのだというムードになってしまってはいけないと思うのです。

ちなみに、僕自身はマネーゲームには何の関心も持っていません。
おカネよりも、もっと大切なことがあると思っています。
それでも、いまの日本社会はまだまだ閉鎖的だと思っています。
たとえしっかりとした実業のための能力を持っていたとしても、おカネや知名度がないと個人が成功するための機会すら掴みにくい世の中だと感じてしまいます。

確かに渡辺常雄会長のおっしゃるとおり、自分を含めて若い世代は歴史の知識が少ないと思います。
しかし、あの無謀な戦争へと突き進んだ背景には、貧富の格差と若手軍人の鬱積した不満があったことをお忘れじゃないでしょうか?
国内で「昭和維新」と称してクーデータを繰り返し、対外的には「満州は日本の生命線」と称して拡張を続けていった背景には、農村部の貧困と政界や財界などの既成勢力に対する強い不満があったことを…。

あのときの失敗を二度と繰り返さないためにも、今回のことを機に若い世代にも開かれた社会のあり方を、しっかりと考えていただきたいものですね。
posted by SNR at 18:51| Comment(6) | TrackBack(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。