2005年12月23日

SNRが斬る今年の重大ニュース! ライブドア:ホリエモンは日本人なのか?

2005年ほど株に関心が集まった年はなかったように思います。
ライブドアに始まり、村上ファンド、楽天、ジェイコム株…。
M&Aに始まり、TOBやLBO、あるいはポイズンピルやホワイトナイトと、いろいろな言葉もすっかり有名になりました。
ペイオフ解禁や日経平均の上昇と、株への関心を後押しする条件も整っていましたしね。
「ミニバブル」なんていう言われ方をして眉をひそめる向きもあるようですが、みんなの関心が高まったことは良いことだと思いますよ。
株式は資本主義経済を動かす大事な血流なのですから。

さて、タイトルに「ホリエモンは日本人なのか?」と書いたからといって、別にホリエモンの日本国籍を疑っているわけではありませんよ。
ドラえもんみたいに、ネコ型ロボットだなんて言いたいわけでもありませんよ。
当たり前ですけど…。

ホリエモンはよく「日本型システムへの挑戦者(あるいは反逆児?)」みたいな言われ方をするけど、本当にそうなのだろうか?
というのが、今回のテーマなのです。

メインバンクを中心とした系列企業どうしが築いてきた長期的な資本関係。
終身雇用や年功序列などに支えられた長期的な雇用関係。
行政指導や護送船団方式によって特徴づけられる政府介入。

こういった戦後の高度経済成長を支えてきたシステムはもう古くて時代遅れだと言われるわけです。

いわゆる「日本型システム」というものは、確かに日本が太平洋戦争への道を歩むなかで徐々に形成されていったものです。
軍備増強をするためには重工業化が必要で、重工業を興すためには莫大な初期投資や政府の支援が欠かせなかったわけです。
やがて国家総動員体制が敷かれ、戦争に敗れた占領体制下でも何万人規模の餓死者が出るのではないかという経済状態のなかで、政府による積極的な経済介入が行なわれたわけです。

では、それ以前の日本経済、つまり明治時代の日本経済はどうだったのでしょうか?
当時の日本経済は自由参入、短期的な契約関係、自由な労働力移動を特徴とする、いわゆる「新古典派」に近い経済体制だったわけです。
こんなふうに考えてみると、ホリエモンは明治時代に生まれていれば典型的な日本の実業家であったということになるのですね。

もっと視野を広げて、江戸時代にまで遡ってみるとどうかと言いますと、
まあ、ここら辺はいろいろと意見が分かれるところでしょうけど、長期的な関係と政府介入が特徴であったという意見もあるのですね。

では、典型的な日本型システムとは何なのでしょうか?

一口に「これこそが日本型だ!」と断じることは、ちょっと難しいのではないかなと僕は考えるのですね。
つまり、ホリエモンが典型的な日本人かどうかというのは愚問に近いのではないかと。

「いよいよ日本が人口減少時代に入ったと」いうニュースが話題になっています。
明治時代以来、ずっと人口が増え続けてきた日本社会が初めて人口減少の時代を迎えるのだそうです。
こういう観点から眺めてみると、これからの時代に必要とされている日本のシステムは何なのだろうかと思います。
明治時代のやり方なのか、戦後日本のやり方なのか、それとも江戸時代のやり方なのだろうかと…。
余談ですが、少子化に貢献しているという点では、独身のホリエモンは典型的な現代の日本人ですよね(笑)。
少子化問題に限らず、別の問題から考えてみると、また違う形の日本型システムが姿を現してきそうですね。

僕自身は経済であれ何であれ、社会の仕組みというものは何層にも積みあがった地層のようなものだと考えています。
日本社会という大地の上に豊かな緑を生い茂らせるためには、たとえ古い地層であっても決して無駄にはなっていないと
だから、「これが典型的な日本人だ」とか、「これが典型的な日本システムだ」とか、
そういった表面的に見える形で判断するのではなく、
日本社会という大地全体をいかに活性化させるかという視点で見るべきではないかな。
こんなふうに考えるわけです。

最後にもう一度だけ繰り返しておきますけど、
僕は決してホリエモンの日本国籍を疑っているわけではありませんよ(笑)。
posted by SNR at 22:36| Comment(5) | TrackBack(3) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。