2005年12月19日

SNRが斬る今年の重大ニュース! 反日デモ:「爾後北京政府ヲ対手トセズ」なのか?

戦後60年の節目を迎えた2005年。
日本のアジア外交の行き詰まりが、あちらこちらで指摘されましたね。
なかでも驚かされたのが、中国各地で行われた反日デモ。
小泉総理の靖国参拝がアジア諸国の反発を招いていることは知っていましたが、
さすがにあのデモの映像を見たときには、みんなちょっと驚きましたよね?

「小泉政権はアジア外交不在」とか
「日中間のコミュニケーションが欠如している」という小泉外交批判よく耳にします。
でも、これってちょっと間違っていませんか?
たとえ首脳どうしの会談がなくても、小泉総理が靖国神社に参拝したり、中国で反日デモが起きたりすると、それだけでもう日中間のコミュニケーションは行われてしまっているのですから…。

我々も日常生活でよく無言のメッセージを相手に送りますね。
例えば恋人とケンカしたときにわざと音信不通にするとか、休日に敢えて予定を入れちゃうとか、小さな話ばかりですが…。
国家と国家の関係でも、しばしば言葉による直接的コミュニケーションよりも、お互いの行動の方が何百倍も雄弁にメッセージを伝えることがあります。
それだけ外交で使われる言葉が美辞麗句と虚言に満ちているのと同時に、国家が疑心暗鬼に満ちた眼でお互いの行動を眺めていることの証拠でもあるわけですが。

もちろん、こういう無言のコミュニケーションばかりを続けるのは危険です。
最悪の場合はキューバ危機のときのように、核戦争の瀬戸際までエスカレートすることになります。
そこら辺のところを、どこまで分かってやっているのか?
靖国参拝の是非は置いておいたとしても、小泉総理の外交姿勢はちょっと心配になってしまいますよね。

1938年の1月16日、当時の総理大臣近衛文麿は、「爾後国民政府ヲ対手トセズ」(もう蒋介石の国民党政府とは一切交渉しませんという意味)という第1次近衛声明を出して、日中戦争の和平を成立させる機会を逸しました。
そのまま、ずるずると泥沼の戦争にはまっていったわけです。
同じように、「爾後北京政府ヲ対手トセズ」、
「爾後東京政府ヲ対手トセズ」とお互いに応酬するようなことになってしまったら、
誰がその幕引きをするというのですか!

今すぐ中国と戦争だなどと危機を煽るつもりはありませんし、中国に対して卑屈になれと言っているわけではないです。

ただ、あの反日デモは膠着する日中関係を改善する良い機会だったのではないでしょうか?
デモが暴徒化することで、他ならぬ中国政府自体が国際社会で苦しい立場に置かれてしまったのですから。
どの社会の人間関係も同じですが、外交とはつねにあらゆる選択肢をカードとして持っておくことが大切です。
それを自ら閉じてしまえば、自分自身の手足を縛るのと同じことになってしまうのです。

11月のAPECと12月の東アジアサミット。
この2ヶ月は外交の季節と言われていました。
しかし、小泉総理が温家宝首相からペンを借りるというパフォーマンス以外に、目立った進展は見られなかったようです。

カール・フォン・クラウゼビッツの『戦争論』のなかに、
「戦争とは異なる手段をもってする外交の延長である」という言葉があります。
戦争の前には必ず長い外交のプロセスというものがあるわけです。
戦争の反省を口にするのは簡単です。
小泉総理も「二度と戦争は繰り返さない」と何度も繰り返しています。

でもいちばん肝心なところは、戦争を引き起こした外交プロセスにあるわけですから!
そして、相手と交渉しないこと自体もひとつの外交プロセスになってしまうのですから。
もう一度、戦争へと至った外交の歴史をしっかり勉強していただきたいものです。
みなさんは、どう思いますか?
posted by SNR at 18:01| Comment(4) | TrackBack(2) | 外交・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。