2005年12月14日

SNRが斬る今年の重大ニュース! 総選挙:どっちの「改革」ショーは自民党の圧倒的勝利に

「小泉総理の言語能力は犬猫なみ」
総理お得意のワンフレーズ・ポリティクスを、井上ひさしさんと丸谷才一さんの対談では、こう評価していました。
総理のコミュニケーションがいかに映像を伴ってこそ意味があるかということが、
国会の党首討論をラジオで聴くと、よくわかるのだそうです。
そんなものかな…。

と思っていた、あの運命の8月8日。
僕はたまたま乗ったタクシーのなかで、あの小泉総理の「ガリレオ演説」のラジオ放送で耳にすることになりました。
ここから、あの長い選挙戦がスタートすることになったわけです。

今回の選挙は一言で言えば、「テレビ選挙」だったと思います。
確かに以前から、政治は「テレビ時代に入った」と言われてきました。
小泉総理はテレビの使い方が上手だとも言われてきました。
それでも、テレビがここまでのインパクトを持ったのは初めてでしょう。
そういう意味で「テレビ選挙」、しかも「ワイドショー選挙」だったことは間違いないでしょう。
「犬猫なみの言語能力」かどうかは分かりませんが、とにかくパフォーマンス力がものを言う選挙だったのではないでしょうか?

さて、問題は一口に「テレビ選挙」と言っても、
その実態や本質は何だったのかというのが、今回のテーマですね。

今回の選挙は「どっちの『改革』ショー」だった!

巷ではいろいろな分析が行われていますが、僕がこの選挙を一言で言い表すとするならば、これに尽きるのです。

日本テレビ系列で放送されている「どっちの料理ショー」という番組があるのは、みなさんご存知でしょう。
関口さんと三宅さんが、二手に分かれて料理のプレゼンテーションをして、
最後にゲストのタレントたちが、どっちの料理を食べたいか札をあげて決めるというものです。

「刺客騒動」などとメディアでは言われてきました。
確かに小泉自民党と郵政反対派議員の間の「斬った張った」は、さまざまなドラマを生みエキサイティングであったことは間違いありません。
でも、その刺激だけで有権者が投票したと考えるのはいかがなものかと思います。
有権者だってK1やプライドを(あるいは、ハッスル?)を見ているわけではないのですから、いわゆる「刺客騒動」が何を意味しているのかを考えて投票すると思いませんか?

このように考えてみると、一応今回の選挙はまがりなりにも自民党と民主党の間の「改革競争」だったわけです。
僕が言っている改革というのは、郵政民営化のことではありませんよ。
あくまでも、有権者の目に当時何が見えていたのかという視点からお話をしているのです。
つまり、あの「刺客騒動」も党内の抵抗勢力を一掃するという意味では、「自民党内改革」だったと思うのです。

一方で、民主党はというと…。
みなさんもご存知のとおり、マニフェストを中心に年金問題や子育てなどの改革案を、
気の毒になるくらい一生懸命アピールをしていました。

さて、実際に札をあげる役の有権者はどっちに軍配を上げたのでしょうか?
もちろん、自民党でしたが、理由は簡単です。
自民党チームが屋台の焼きソバをじゃんじゃん焼いたのに対して、民主党チームは高級懐石料理のお品書きを有権者に見せるだけにとどまってしまったのではないでしょうか?

つまり、自民党内の改革は民主党が批判したとおり、決して改革の本丸などと呼べるものではありませんでした。
言うなれば、屋台の焼きソバのようなものだったのです!!!
これに対して、民主党は有権者にとって大事な問題で改革案を訴えていました。
これはもしかしたら、高級懐石料理だったのかもしれません!!!
でも、残念ながらお品書きを見せるだけで、実際に目の前で調理することがまったくできなかったのです…。

僕は別に自民党が悪かったと言っているわけではないんです。
誰だってちゃんと料理が出てくるかわからないお品書きを見せられるよりは、とりあえずでも目の前の鉄板でソースの焦げる香ばしいニオイや熱々の湯気をたてられた方が食欲はそそります。
でも、これでひとつ分かったことがあるような気がしませんか?
それは、有権者がいかに「改革に飢えているか」ということです。
この飢餓感が投票率のアップにつながり、自民党への得票へと結びついたのではないでしょうか?

となると、当然ながら選挙後の自民党が問題となってくるのです。
有権者の多くはとりあえずの焼きソバで、小腹を満たしたにすぎないわけです。
歳出削減に医療制度改革、三位一体の改革に少子化対策…
みなさんもご存知のように、改革の本丸は「目に見える」抵抗勢力ではなく、「目に見えない」官僚のところにあるわけですから。
次の現場は屋台ではなく、お店の奥にある厨房なのです。

こうしている間にも、来年度の予算が組まれていっています。
つまり、厨房では何がしかの料理が行われているわけです。
今度はたこ焼きやお好み焼きのようなものでは許されません。
果たして出てくる料理が、有権者の注文どおりのものなのかどうか、みんなで見守ろうではありませんか。

僕は今回の選挙をこんなふうに捉えていますが、みなさんはいかがですか?
posted by SNR at 22:24| Comment(9) | TrackBack(5) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。