2005年12月09日

ゆっくり歩け、たくさん水を飲め!

「ゆっくり歩け、たくさん水を飲め!」

みずほ証券のニュースを朝の新聞で見て、まず頭に浮かんだのはこの言葉でした。
「証券市場に残る誤発注」なんて言われていますが、
単純ミスで300億円以上の損失とは、恐ろしい世の中になったものです。

よくご存じないという方のために少し解説しますと、
東証マザーズという新興企業向け市場に上場した「ジェイコム」という企業の株について、
1株61万円で1株という売り注文を出すところを、
1株1円で61万株と、みずほ証券が誤って発注したという話です。

この結果、67万2000円つけていたジェイコム株は、
わずか3分57万2000円まで下がりストップ安に。
慌ててみずほ証券が47万株ほど買い増したところ、
わずか6分ほどで77万2000円まで急上昇してストップ高に。
すべてがわずか15分くらいのうちに起こった狂想曲であります…。

詳しくはわかりませんが、
この結果、みずほ証券は61万株以上も実際に存在しない株を空売りしたことになり、
後になって47万株ほど空の買いをしたものの、まだまだ10何万株も実際には存在しない株が存在していることになるわけです。
取引成立の4営業日後には実際に株を譲渡しなければいけないそうですから、
いったいどうなってしまうのでしょうかね。

こういう話って、たしか東京都がネットで競売オークションをやったときもありましたよね。
確か高級ピアノを落札した人が1桁ゼロを間違えて入力したという話。
トラックバックの操作ひとつでも、しばしばミスをしている僕なんかには、とてもよくわかる話です。
かなりレベルの違う話ですけどね…。

証券のネット取引が一般化して、ミニバブルと呼ばれる現象が起こってきています。
一般の投資家が参加する垣根が低くなったのは良いことですが、
取引の自動化とスピードアップがときとして生み出す副産物もあるということなのです。

今回のことは余りにインパクトが大きすぎますがね。
それにしても、福知山線の脱線事故や最近のマンションの例まで、
何かを見失っているんじゃないかという重大ニュースが多すぎるように思いませんか?



「ゆっくり歩け、たくさん水を飲め!」
村上春樹の『1973年のピンボール』で、ジェイという登場人物が発する台詞です。
最近の小説『アフターダーク』でも使っているので、村上さんはかなりこの台詞を気に入っているのかもしれません。

資本主義というシステムは、それまでゆったりと流れていた時間の流れを、
切り刻み、加速化させ、人々を追い立てているような気がします。

特にインターネットによって、ますます加速化の度合いはひどくなっていると言えるでしょう。
そんな姿を垣間見るとき、この台詞をいつも思い出してしまうのです。
まあ、村上さんがどんな意図でこの台詞を使っているのかわかりませんけどもね…。
posted by SNR at 19:23| Comment(4) | TrackBack(17) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。