2005年12月06日

富裕層はホントに浮遊層?

今年の「新語・流行語大賞」が発表されましたね。
大賞は「小泉劇場」と「想定内(外)」。
さすがにキャラが立っている小泉総理やホリエモンは今年も強いですね。

我らが「ブログ」もトップテンに入っていることはめでたいとして、
毎年、いまひとつピンとこない言葉が必ず入賞していますよね?
今年だと「ちょいモテオヤジ」とかもそれに当たるんですが、
もっとびっくりしたのは、「富裕層」という言葉でした。

こういう言葉が選ばれちゃうご時勢なのですね。
「金持ち」という言葉が阿漕だから「富裕層」なのだそうですが、
「富裕層」の方がなんかかっちり階級化されているイメージがあって、
思いっきり下流に属する僕としては、ものすごくリアルに迫ってくるものがあるのですが…。


金融資産が1億円以上ある世帯は78万にも上るのだそうです。
こうした中に、あのヒューザーの小嶋社長も入るのかと思うと大変腹立たしいのですが、
「富裕層ビジネス」というのが次々と生まれてきているようです。
「レクサス」なんて言っているのはまだまだ甘いですよ!
1500万円の世界一周旅行!200万円のピアス!6000万円の時計!( ̄□ ̄;)

みんなで一斉に横並びでブランドに飛びつくのも考え物だけど、
なんで贅沢品っていうと、みんな揃いも揃ってこんなものばっかりなのでしょうね。
いわゆる「成金」っていうのと一体どこが違うのでしょうか?
なんか発想力に乏しいなと思ってしまうのは僕だけでしょうか…。

こうした「富裕層」が生まれた背景は「資産バブル」などいろいろあるのでしょうが、
所得税の最高課税率が37%という驚くべき低い水準に抑えられていることがあるのは間違いないでしょう。
その一方で、財政赤字は膨らみ続けて定率減税の廃止などが行なわれるわけです。
「富裕層」からもっと税金をとってくれよ!
こういう意見が出てくるのは当然のことでしょう。

しかし所得税の最高課税率を上げるという話になると、
必ず出てくるのが、あまり税率を上げると彼らが海外へと脱出してしまうという議論です。
富裕層は本当に「浮遊層」になってしまうものでなんでしょうか?

確かに高額所得者の税率を上げたところで、政府が無駄遣いばかりするわけですから、高額な買い物をすることで市場におカネを還元してくれる方がまだマシなのかな?
そんな気もしないでもありません。
ただ、やっぱり「富裕層」の方にはもうちょっと社会のことを考えてほしいものです。

企業の社会的責任(CSR)になぞらえて、
「富裕層の社会的責任」(Wealthy Social Responsibility?)とでも言えば良いのでしょうか?
寄付などの慈善活動を通じてでも良いから、自分たちが豊かになった社会への貢献というものを実践してもらいたいですよね。
ちょうど歳末助け合いの時期ですしね。
posted by SNR at 22:30| Comment(6) | TrackBack(2) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。