2005年12月01日

牛肉だけでなく、ついにマンションまで全棟検査か?

「ぶっ倒れるにしても、前向きにきっちりと倒れていく覚悟です」というヒューザー社長の発言。
被害に合われた住民の方から見れば、とんでもない発言ですが、
どうにも救いようのない事態になっていることは間違いありません。

おまけに、日本ERIにも不正が発覚して、
もうどうにも止まらない状態になってしまいました。
問題のあるマンションを建て替えて、すべてのマンションを検査するコスト。
そして問題の責任を誰も認めようとしない業界の実態。
怒りを通り越して、あきれてものも言えない状態になってしまいそうです…。

でも、嘆いているばかりでは何も始まりません!
せめて、今度の再発を防止する意味でも、
今回のような事態を生んでしまった背景を少しでも整理して問題解決につなげなければなりません!!!

そもそも根底にあるのは、世の中のどこにでも見られる「代理委任関係」にまつわる問題なのです。
一般の人はマンションを自分で建設することができないのですから、
代理人の人たち(今回で言えば設計士や施行業者)に建築を委任するわけです。
このときに、代理人は依頼人が知りえない情報、
今回のことで言えば、まさに構造設計による耐震性の確保などを知っているわけです。
ここに落とし穴があるわけですね。
つまり、簡単に嘘をついて欠陥住宅を売れてしまう下地があるわけです。
国民の代理である政治家や官僚がよくウソをつくのと同じです。

そこへもってきて、マンションブームによる過当競争です。
価格が下がっているのに、さらに安い物を大量につくることで競争に勝とうとする。
悪しき市場経済の典型です。
この状態が行き過ぎるとどうなるのか…。
みなさんもお分かりになりますよね。

もちろん、不祥事が発覚すれば業界全体が、
いや、社会全体が被るコストは莫大なものです。

特にマンションのような、1単位あたりのコストが大きなものであればなおさらです。

もちろん、こんなことにならないために、
モラルハザードが起きにくいような制度設計をしなければならないわけです。
つまり多くの人が監視する仕組みをつくらなければならないのです。
しかし今回はそれが働かなかったというわけです。

いま確認審査業務を民間に任せたことが問題にされています。
ついこの前までホリエモン・ブームなどで、市場原理を叫んでいたのが嘘のようです。
あるいは、「民間にできることは民間に」というスローガンに踊っていたのは別の人たちなのでしょうか?

今回の件でも、市場そのものが悪であったわけではありません。
そもそも、市場自体には倫理などというものはないのです!
政府に検査を任せたって、政府自体に専門的知識や不正を見抜こうとする意思がなければ同じ結果を生むだけでしょう。

その一方で、市場自体の信頼は簡単に傷ついてしまいます。
そして下手をすると、全棟検査などという無駄なコストが重くのしかかかってくることになるのです。
信用回復のために制度設計を見直すことが性急になされるべきでしょう。
安易な市場批判が進みすぎぬことを心から祈ります。
posted by SNR at 23:20| Comment(0) | TrackBack(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。