2005年11月24日

まさに“倒壊”大地震! 揺らぐ建設業界の信頼

マンションの耐震設計偽造騒動が
というよりも、責任のたらい回しが止まりません。
姉歯建築士、検査機関のイーホームズ、そしていよいよ建築主であるヒューザーの社長が…。

「ホリエモンになぞらえて、私の名前は小嶋ですので、オジャマモンということでスタジオに呼んでください」!!!
???

小嶋進ヒューザー社長の、カメラを向けられてのひと言がこれですよ。。。
怒りを通り越して嘆かわしい。
「瑕疵担保責任」なんていう難しい法律用語以前の問題ですよこれは…。

今回の騒動の登場人物について気になるのは、
自分たちの行動が建設業界全体に対する信頼を揺るがせていることに、
誰も気がついていないのではないかと感じられることです。
法律的な補償問題以前に、業界やマーケット全体の信頼を壊しているんですよ!
国が認定する専門家が安全を提供するという仕組みの信頼が壊れつつあるんですよ!

そういう自覚がまったく感じられないと思いませんか?

ここにきて、国の責任や補償が取りざたされています。
マンションを購入した人たちの「自己責任」などという議論もあるようですが、
この問題は本当に個人・個別の問題なのでしょうか?

もちろん、マンション住民と周辺住民の安全が確保されること、
これは速やかに行われなければなりません。
でも同時に、いま起こっている信頼の崩壊をどうにか食い止めることも、
国として当然の責務じゃないですか!!!


マンション住人が泣き寝入りをするようなことがあって良いわけありません。

別に僕は住民への同情で言っているわけじゃないですよ。
「一般の国民全員が明日にも自分たちが被害者になる可能性があった!」
大事なのはここなんじゃないでしょうか?
これはとても個人レベルの責任で回避できるようなものではないでしょう!!!

もちろん、下手に救済するとモラル・ハザードが起こる危険性もあるでしょう。
でもそれよりも、安心と信頼を取り戻すことの方がはるかに大事なんじゃないでしょうか?
そのためには、純然たる被害者である住民がバカをみるようなことあってはならない。
そうは思いませんか?
みんな明日はわが身だったのですから…。

全国のマンションやホテルの耐震性をチェックし直すことも、もちろん必要でしょう。
徹底した原因究明により、制度の問題点を改善することも必要でしょう。
とにかく性急に政治がやるべきことはいっぱいあるんです。
北側国土交通大臣は政府の責任を口にするようになりました。
国を含め当事者すべてが、信用回復に向けて最善を尽くすこと!
これを徹底して進めてもらいたいものです。
posted by SNR at 18:05| Comment(0) | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。