2005年10月31日

小泉内閣改造報道 解体新書

昨日、小泉内閣の改造が行われましたね。
ホリエモンに奥田さん(経団連会長)、果ては毛利さんまで…。
「サプライズ予想」を展開していたマスコミは、今度の人事にがっかりだったようだけど、
そんな姿勢こそが小泉劇場を盛り上がらせた原因となっていることに、彼らはまだ気がつかないのでしょうか?
総選挙で小泉劇場を煽った反省はどこにいったのやら…

挙句の果てに「国民がこんなに組閣に関心を持つようになりまして」と、まるで有権者が政治参加しているとでも言わんばかりの口ぶり。
実際には観客としてただ見ているだけで、せいぜいできることは出走場のわからない競馬予想のようなもの。
こんなニュースを延々とやるんだったら、食品安全委員会が年内に米国産牛肉の輸入解禁を答申した方が、よっぽど重大なことだと思うのですが。

あともうひとつ、森さんの発言も気になりますね。
「次々とバトンタッチをして、皆さんに機会を与えていただくことが大事」と。
大臣のポストというのは、みんなで先を争って授かるご褒美なんですか!
「バトンタッチ」に「機会平等」なんて、あまりにも国民をバカにしてますよ。
みなさん、そう思いませんか?

サプライズなんて、本来はなくて当たり前じゃないですか。
わずか1年前に組閣をしたのは小泉さん本人なんですから、
大臣をそんなにくるくる変えること自体、
小泉さんの前回の人事が失敗だったということを言っているようなものじゃないですか。

さて、明日から11月。
早いもので、今年も残りわずか2ヶ月です。
新たに発足した内閣がちゃんと改革を進めるかどうか。
それこそを、ちゃんと見守りたいものですね。
posted by SNR at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

千葉ロッテ劇場、壮大なフィナーレ!

千葉ロッテマリーンズ日本一、おめでとう!!!

珍しくポジティブな始まりであります。
というのも個人的な話で申し訳ないのですが、
僕は千葉ロッテマリーンズ・ファンなのであります!!!
31年ぶりの快挙に、自然と笑みがこぼれないわけにはいかないのです。

しかし、ソフトバンクとのプレーオフのときから言われていましたが、
「ロッテの快進撃はプレーオフ制度によるものだ」というような言われ方をされているのが、ちょっと気になります。
確かにプレーオフ制度には問題があると思いますよ。
でも、そういう見方だけをしていると本質が見えないのではないのでしょうか?

阪神ファンの方には申し訳ないけど、残念ながらロッテと阪神では野球のレベルが完全に違いました。
もちろん、阪神の個々の選手の能力が劣っているというわけではありません。
打者がボールを見極める力、投手が投げる球の微妙な制球、守備の球際で見せる力強さ、一瞬の走塁判断、そしてチームがひとつの有機体となってつくるダイナミズム。
どれをとっても、格段の違いがあることは目に見えていました。
専門家ではないのでうまく表現できないのですが、
何というか、今までの「野球」でもない、かといって大リーグの「ベースボール」でもない、
新たなものが生まれたような気がするんです。
ただの勢いでは説明のつかないような…。
って、ファンだからって誉めすぎですかね。

あまりの嬉しさにまだまだ続けちゃいます。(^_^)
もうひとつロッテのすごいところは、昨年から目立った補強はほとんどしておらず、
しかも外国人以外は、ほとんど生え抜き。
敢えて大きな補強といえば、サポーターに背番号「26」(ベンチ入りの25人に続く選手という意味)を用意して、正式にチームのメンバーに加えたことくらいでしょうか(笑)
でも、これって一番大事なことでしょう?

昨年のプロ野球はいろいろとありました。
球団合併に1リーグ構想、そして初のスト…。
「プロ野球改革元年」とも呼ばれる1年に、こんなに強くて楽しい球団が日本一になったわけです。
他の11球団がみんなロッテの真似をすれば、
日本のプロ野球の未来は、変わっていくのかもしれません。
新しい野球のスタイルで、イチローや松井といった個人としてではなく、
チームとして大リーグ・チャンピオンに挑んでいく日が近いのかもしれませんね。

さて、早くも来シーズンの話ですが、
プレーオフで敗れたソフトバンクと、日本シリーズで敗れた阪神が、
どんな戦い方をしてくるのか大注目ですね。
ロッテに対してどんなリベンジを見せてくれるのか?
そして、ロッテの方もどのような戦い方をしてくれるのか。
今シーズンのロッテが見せてくれた野球が革命なのか、それとも奇跡なのか?
その答えがグランドで出されるのです。
posted by SNR at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

小泉シスターズはチャーリーズ・エンジェル?

最近は「小泉チルドレン」ではなく、「小泉シスターズ」と言うんだそうです。
佐藤ゆかり氏、片山さつき氏、猪口邦子氏。
先の総選挙で初当選した「くの一」の方々です。

「女性の活躍は好ましいものです」
一見すると、そういう話です。
ちょっと話のわかる人でも、「どんな取り上げ方をされるにしろ、閉鎖的な政治の世界で女性が注目されることは良いことです」なんて言ったりします。

ちょっと待ってよ!!!
別にお三方の当選にケチをつけるわけではありませんが、
たかが、人口の半分は確実にいる女性のうち、わずか3人が国会議員に当選しただけじゃないですか?
こんなことを言うと、「男社会の中で女性が社会進出することの難しさをわかっていない」
と怒られてしまうかもしれませんが…。
でもね、今回の「小泉シスターズ・フィーバー」の仕掛けをちゃんと見てみましょうよ。

まず、「小泉シスターズ」を出馬させたのは自民党のおじさんたち
当選した「小泉シスターズ」をもてはやしているのは、マスコミのおじさんたち
とどめは、「小泉シスターズ」報道を見て喜んでいるのもおじさんたち
つまりは、「おじさんの、おじさんによる、おじさんのための“小泉シスターズ”」
何のことはない、これじゃあ今までと変わらぬ「おじさん民主主義」じゃないですか。
「小泉シスターズ」は、ただの操り人形じゃないですか。

同じようなことは、もうすぐ投票が近づいている参議院神奈川補選でも起きています。
川口順子氏、牧山弘恵氏、畑野君江氏。
いずれも、2人の子どもを持つ母親なのだそうです。
「だからこそ、子育て支援の問題に取り込むことができる」
これが3候補の選挙戦略であり、マスコミの取り上げ方です。

ちょっと待ってよ!!!
結婚していて子どもがいる女性じゃないと、
少子高齢化の時代に国会議員になる資格もないんですか?
世の中には子どもが欲しくてもできない人だってたくさんいるわけですよ。
子どもがいなくたって、育児問題のプロとして働くことだってできるわけじゃないですか?
ちゃんと問題の本質を見ましょうよ。

子どもがいるかどうかではないでしょう。
普通の人の経済観念を持っていること、この方がはるかに大切じゃないんですか?
なにせ生活費を少しでも切り詰めて、なんとか子育てをしている人たちを支援することが本当の目的なのですから。。。
posted by SNR at 17:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

六本木ヒルズは何でも売っているのか?

やれやれ、
冒頭からこんな言葉もなんですが、
六本木ヒルズを拠点とするIT企業家たち、通称「ヒルズ族」の方々は、
この世の中に買えないものは何もないと思っているのでしょうか?
楽天がTBS買収を狙っているのだそうです。

こうなると誰もが思い出すのが、あのホリエモン騒動。
でも、あのときと違うのは敵対的買収と受け取られないように、
株を15%程度しか買っていないことなのだそうです。
つまり、ホリエモンに比べて三木谷さんの方がスマートで紳士的だと…。

でもね、やり方がどうであろうとも、
「自分たちは魅力的なコンテンツに乏しいから、とりあえずお金で買ってしまおう」
という根本は同じじゃないですか。

まあ、お金で世界の安全も買えると思っている国のことですから、驚くには当たらないのかもしれませんが。
それだったら、ホリエモンのように素直に
「お金で何でも変える」って言ってもらった方が、よっぽどすっきりしますよ。

別に「ネットと放送局の融合」がいけないと言うわけではないんですよ。
問題はそれで何をするかってことでしょう?
ただ、コンテンツをネットで流せば便利になるとかじゃなくて、
もっと、ネットの双方向性を生かせば、こんなに面白くて、まったく新たな形の(たとえば、視聴者参加型の)コンテンツをつくることができるとか。

こういうことを言えば、視聴者だけでなく、何10年もプライドを持ってコンテンツづくりをしてきたTBSの人も説得できると思うのですよ。
だって「より良いコンテンツが提供できる」となったら、テレビ局の人たちだって燃えるでしょう。
そういうのがないから、「ただお金もうけがしたいだけだろう」と思われてしまうんですよ。
つまり、「お金もうけ以上の夢がない」と。

まあ、色々と独断と偏見で書いてしまいましたが、今後どうなるのか楽しみに見守っていきましょう。
posted by SNR at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。